TEL

四十肩・五十肩 | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

四十肩・五十肩について 川越市の村上接骨院

 

katakori_man

   ・原因がないが肩が痛くて挙がらない

   ・じっとしていても疼くような痛みがある

   ・夜、痛みで目が覚めてしまう

   ・手を頭の後ろに持って行くと痛い(もっていけない)

   ・手を腰の後ろに持って行くと痛い(もっていけない)

 

こんな症状でお悩みでなありませんか?

40~60歳代の中高年の人が悩まされる肩の痛み、いわゆる「五十肩」は50歳代を中心とした中年以降に

肩関節のまわりの組織の退行性変性(簡単に言うと老化現象です)を基板として特にこれと言った原因なしに

発症して、肩関節の痛みと運動障害を認める症状のことを言います。

五十肩は特に原因が無いことが多いのですが、ときにちょっとした外傷の繰り返しの後に肩の不快感や痛み

で起こるものもあります。

五十肩は通常であれば、片側だけに起こり、回復後に同じ側の肩に再発することは無いと言われています。

強い肩の痛みを繰り返し同じ側に訴える場合には腱板断裂(肩周囲の筋肉の腱の断裂)など、違う原因も

考えられます。

 

五十肩の原因 川越市の村上接骨院

肩拘縮

五十肩で肩が痛くなるとどうしても痛みが肩を動かさなくなります。動かすと痛いのですから当然です。

初期の五十肩は無理に動かすとかえって炎症が強くなり痛みが強くなる傾向にありますので安静にするのが一番です。

 

ですが、動かない時期が長くなると今度は筋肉の伸張性や収縮性が失われて動かしたくても動かなくなってしまいます。

これは肩関節の固定する棘上筋・棘上筋・肩甲下筋といった筋肉に硬結(収縮を伴ったコリのこと)が出来てしまい、この硬結を伴った筋肉は縮む機能と伸びる機能を低下させた結果、周りの靭帯や関節包(関節を包む袋のようなもの)と癒着して肩甲骨と上腕骨と一体化させてしまいます。

これが痛みや動きの制限を起こしてしまう五十肩の本質なのです!

 

五十肩の治療について 川越市の村上接骨院

2015-01-30 10.27.00

当院での四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の治療はこの一体化してしまった肩関節の癒着を剥がずのが目的です。と言っても痛みの無いように癒着を取り除いていきますのでご安心ください。

五十肩を改善するために開発された特別な手法(AKS:関節運動学的ストレッチ)を駆使して動きの悪くなっている棘上筋・棘上筋・肩甲下筋の硬結を痛みの起こらないように消失させて、筋肉の伸張性・収縮性と高めてから、関節周囲の癒着を取り除いていきます。

その結果、円滑が肩関節運動が出来るようになって行くのです!!

どれくらい癒着が強く起こっているかによって違いますが、回数を重ねる事に肩の可動域が広がって痛みなく動かせるようになるのが分かると思います。

また、辛い夜間痛も数回の施術でほぼ消失します。

自宅で出来る簡単なセルフケアも一緒にご指導させて頂きます。治療を併用して行うことでより早期の回復が期待できます。

 

当院にご相談ください!

四十肩・五十肩の痛みはより早期に治療をしたほうが早く楽になります。痛みを感じる時間が日々長くなり

日常生活動作にも影響しているのであれば速やか当院にご相談ください。

当院のAKS治療で整形外科や整骨院では改善しなかった五十肩の痛みや動きの制限が回を追うごとに

改善していきます。

なお、当院の四十肩・五十肩の施術は完全予約制の自費治療となります。

整骨院や接骨院で健康保険を使って四十肩や五十肩の治療を行うことは原則、出来ません。

(整形外科や病院は可能です。)

当院では患者様の負担がかかりずぎないような施術金額で治療を行っております。治療間隔も最初の数回

は週に1回、経過が良くなって来たら2~3週間に1回でも大丈夫ですので、1日に換算したら健康保険を

使って治療するのとほとんど変わりなく、しかも効果的な施術を受けることが出来ます。

詳しくは自費治療のページをご覧ください。

皆様のご連絡をお待ちしております。しっかりと診させて頂きます。

 

当院の四十肩・五十肩治療で痛みのない、快適な生活を送りますか?

それとも、痛みが引くのを我慢しながら待ち続けますか?

 

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭