TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

はじめよう!目に優しい習慣

2018.10.20 | Category: その他,健康ブロク

はじめよう目に優しい習慣
起きている間、目はずっと忙しく働き続けます。そのため日ごろのケアを怠ると、どんどん疲れ目が進んだり視力が低下したり、白内障やドライアイなどの病気にかかったり目の老化が始まります。
目をいたわる習慣を心がけましょう。

その1 寝ている時だけ目は休める

私たちの体は眠っている間に痛んでいるところを修復するようにできています。目も例外ではなく、唯一目を休めることができる睡眠時間はとても重要になります。
忙しくとも最低でも6時間はしっかりと休ませて、次の日に目の疲れを残さないようにしましょう。
また、就寝前のスマホの操作は目に良くない事はもちろん、脳が覚醒し良質な睡眠をとることができません。

その2 定期的に遠くのものを見る

近くを見るとき、目の中にあるピント合わせるための水晶体や、その水晶体を調整する毛様体筋が緊張します。この状態が目にとても負担になります。
反対に、遠くを見ると毛様体筋が緩み、目をリラックスすることができるのです。例えば窓の外の空を見たり、定期的に目線を遠くに向けて目の疲労を軽減させましょう。

その3 じんわり温めてリフレッシュ

疲れ目には温めるのが効果的です。疲れた部分に溜まった疲労物質を血行促進して流しましょう
厚手のフェイスタオルを水に濡らして硬めに絞り、ロール状に丸めて電子レンジ600ワットで1分程温めます。
やけどに注意しながら広げ40℃程度に冷まして畳んでゆっくり目の上に乗せます。
ただし目の充血や炎症の場合温めずに眼科を受診しましょう。

その4 たっぷりの水分補給を

眼球内の細胞や眼球を動かす筋肉に酸素や栄養を届けるのは血液です。ドロドロの血液状態はダイレクトに目に影響し、目のむくみに始まり、目の病気や視力の低下など様々な不調につながります。
水分をしっかりと取ることで、さらさらの血液を目の隅々にまで行き渡らせましょう。また、過度の飲酒は脱水を引き起こし、喫煙は血液の粘性を高めてしまいます。

毎日たったの1分ずつ★目の疲労回復に効くツボ押し。

鼻の付け根【睛明-せいめい-】
目の周りの緊張を緩和する効果があり、疲れ目のほかに、近眼にも効きます。鼻の奥を押すように(若干つまむように)に、少しずつゆっくりと圧をかけます。
こめかみ【太陽-たいよう-】
別名「眼医者殺し」と言われる位、効果のあるツボで、眼精疲労からくる頭痛の緩和にも効果的です。人差し指と中指で優しく押します。力の入れすぎには注意しましょう。
目の下【承泣-しょうきゅう-】
目の中心の下側の、目のくぼみと骨の堺です。目の下の血行が良くなるのでクマが気になる方には特にオススメです。骨に沿って4本指で軽く押しましょう。
眉の上【陽白-ようはく-】
眉の中心から指一本ほど上に離れたところにあり、眼精疲労や頭痛の緩和だけでなく、顔のたるみにも効果的です。人差し指の腹で軽く押します。
いかがですか?
目に優しい習慣を取り入れて、ケアを行い、疲れ目や眼精疲労を予防しましょう。

登山愛好家の方へ!膝のメンテナンスちゃんとやってますか?

2018.10.16 | Category: スポーツ障害,半月板損傷,変形性膝関節症,膝の痛み

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

▼登山で一番多い膝のアクシデント!

普段は痛くないが登山やランニングなど運動したときだけ膝が痛くなる人はその原因がなぜかと考えたことはありますか?登山における膝の痛みの原因は、関節の周囲の筋肉の炎症であることがほとんどです。長時間上り下りしたせいで、筋肉のある一か所に負担が蓄積し痛みとして出てしまうのです。また、登山では足の太ももの筋肉を使うことが多いですが、上りでは特に太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、下りでは太ももの後ろ側の筋肉であるハムストリングに非常に負荷がかかります。登りと下りで使う筋肉が違うというわけです。さらに、これらの筋肉と膝周辺で脛骨(けいこつ・すねの骨)とをつないでいる腱などが連続的に引っ張られることで、炎症が起きて痛みの原因となります。

 

▼膝のどこが痛いかで原因が異なります!!

★膝の外側が痛い場合:腸脛靭帯

膝の外側が痛い場合は太ももの外側の靭帯の腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)の痛みの可能性があります。連続した歩行で膝付近のあたりで骨(外側上顆)と摩擦を繰り返すと炎症を起こすことがあります。

 

★膝の内側が痛い場合:鵞足

膝の内側が痛い場合は鵞足(がそく)の痛みの可能性があります。鵞足は太ももの筋肉である縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、半腱様筋(はんけんようきん)と脛骨をつなぐ部分で、腸脛靭帯同様に歩行の摩擦で炎症を起こすことがあります。ハムストリングとつながっているので特に下りで痛みやすい部位です。

 

★膝関節の前部が痛い場合:膝蓋靭帯や膝蓋下脂肪体

膝関節の前部が痛い場合は膝蓋靭帯や膝蓋下脂肪体(しつがいかしぼうたい)の痛みの可能性があります。こちらも連続した負荷によって、もともと柔軟性があって膝の動きをスムーズにする膝蓋下脂肪体が硬くなり、膝が動くときに痛みを伴うようになります。膝の曲げ伸ばしの運動時に膝のお皿は動きますので、そこで動きが悪くなると、膝自体の曲げ伸ばしがしづらくなってきます。

 

 

▼登山の途中で膝痛が出た場合の対処法

基本は安静にすることが一番の対処法ですが、山道の途中では歩かないといけないのでそうもいきません。予防が一番ですが、もし膝痛が出てしまった場合は、マッサージ、患部の冷却、圧迫の3つの対処法がベストかと思います。マッサージは太ももの表と裏をもみほぐして筋肉疲労をとることを意識してください。また、患部を挙上しておくといいでしょう。マッサージ同様にストレッチも取り入れるとよいでしょう。また、炎症している場合は熱を持っているので患部を冷やすことで痛みが改善することがあります。RICEと覚えておくといいでしょう(Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)

 

▼登山に限らず、運動をする前には必ずストレッチを!

筋肉は長時間の登山や、散歩といった反復運動を繰り返し行うことで伸張と収縮を繰り返し行います。そこで、元から筋肉の柔軟性が低い人(体が固い人)は柔らかい人に比べると負担は倍近くかかるとの報告もあります。

それくらい日ごろからストレッチをしておくということは大切ということです。体が固い人・筋肉の柔軟性が低い人は体の各関節や脊柱の動きも硬くなります。そうした要因も登山で膝を痛める原因の一つになりそうです。

 

▼膝の痛みを取る&体を整えたい方はぜひ当院に御来院ください。

当院では、登山で膝を痛めたという方をはじめ、各種運動によって膝を痛めたという方を根本治療により完治へ誘導します。また、体を整えることで、怪我を予防する事も可能です。

現在、膝が痛いという方、自分の膝痛の原因が知りたいという方は一度当院へ御来院ください。

しゃがむと膝下が痛い!それってオスグッドかも?

2018.10.11 | Category: オスグッド,スポーツ障害,膝の痛み

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

 こんな症状にお悩みではございませんか? 

・運動をすると痛い

・ジャンプをすると痛い

・階段の上り下りが痛い

・正座をすると痛い

・病院で成長痛と言われ安静にしている

・膝の下が腫れている(出っ張っている)

もしかするとオスグッド病かもしれません。オスグッド病でお困りの方、安静をしているだけが治療ではありません。根本へアプローチすればオスグッド病は完治する病気です。ぜひ続けてお読みください!

当院で治療を受けた患者さま。

正座も出来るようになります!

 

▼一般的に行われているオスグッド病の対処や施術は?

一般的なのは運動をしない(安静)・ストレッチやもみほぐし、アイシングが主流です。特に安静というのは必ず言われるんじゃないかというくらいみなさん言われます。病院に行くとほとんどが安静を強いられるでしょう。ですが、安静にしているだけでは、その時はいいですが、また運動を再開して同じところに負荷がかかれば再発してしまいます。しっかりと原因を追究し対処することが必要です。

 

▼オスグットの原因

急激に成長する時期に膝へ過度に負担がかかったことが原因に挙げられます。小学生から中校生ぐらいまでは1年で10センチ以上背が伸びる子供がいるなど、急激に体が成長する時期です。クラブ活動や学校外でサッカーや野球など激しく練習をしていることかと思います。急激に筋肉や骨などが成長している、いわば不安定な身体でもあります。その時期に筋肉や関節にかなりハードに負荷がかかっているために骨に付着する部位である筋肉の一番端にある腱の部分に炎症が起こっているのです。

特に、ダッシュやジャンプといった動作を繰り返し行うことで発症します。反復運動によって、筋が収縮と伸張を繰り返すことで負荷が積み重なるというイメージです。軽度の方であれば、運動を少しお休みすることで再度運動を再開しても痛みが出ない方もいらっしゃいますが、痛みの強い方はしっかりと治してから運動をするとことおすすめいたします。

▼当院の施術でオスグッド病が改善する理由

当院では根本へのアプローチをモットーに施術を行っています。まず、炎症が起こった仕組みを元に戻す必要があります。そして、良くするためには運動をお休みする必要があります。だましだまし使っていると古傷となってすぐにけがをする原因となってしますからです。完全に治しきる必要があります!ただ安静にしているだけでは治りません。しかし、体を休めている間に、体のバランスを整えてあげるという事が大事です。そもそも、休みが少ない部活動なんかでは、疲労を回復する時間がありません。筋疲労を繰り返し行っているような状況です。そのために筋肉や関節は少し無理をして動いています。その中でも膝の関節は特に大きく動くためにひざ下の腱に炎症が起こります。この仕組みを理解することでうまく動けない関節、疲労して硬くなっている筋肉、張り付いている皮膚、これらを正常に動けるようにすることで負担をなくします。そして、しっかりと痛みをなくすことで今まで通り運動が出来るようになります。

 

▼主に、骨盤や股関節から下の関節を整える

特に重要な要素として骨盤と股関節・膝関節の状態があげられます。これらの関節や骨を元の綺麗な状態に整えてあげることが大切であり、完治するうえで必要な治療になります。体は一本の棒であり、一枚の皮膚に覆われています。そのため、どこかに痛みがあると、別の部位に痛みが出たりします。また、股関節以外にも元々、猫背の人や鳩胸の人などは体幹の調整も必要です。オスグッド病にも効果的ですが、その他の整形疾患にも重要な要素です。そして、姿勢を整えることで最も良いことは、痛みの再発を防げるという点です。一度治っても痛みを繰り返すようでは完治と言えません。当院では完治することを一番に治療を行っていきます。

お子様のオスグッド病でお困りの方、早期に完治させたいという方は年間100名以上のオスグッド患者さまが来院する当院で治療してみてはいかがでしょうか?

眼の疲れ!感じていませんか?

2018.10.10 | Category: 健康ブロク,未分類

10月10日は「目の愛護デー」として、目の健康に関する活動が行われています。
特にパソコンやスマートフォンが普及し目を酷使することが増えた現代では、「疲れ目」や「視力の低下」などの悩みを持つ人が多く見られます。
今回は目に関する情報をお伝えしますので、この機会に目を労った生活を意識してみましょう♪
 疲れ目から眼精疲労へ 
疲れ目(眼疲労)と眼精疲労は異なり、疲れ目は長時間の読書やパソコンやスマホ等で一時的に疲労感がある状態で、休息をとれば治るものです。
眼精疲労の方が重症であり、休息をしても症状がよくならない上、目の症状以外にも頭痛や吐き気、肩こりや不眠など全身に不調が現れます。
疲れ目のうちに予防や改善をすることが大切になってきます。
 眼精疲労の主な原因 
★目の病気や加齢
近視・乱視・老眼・白内障やドライアイと、目の病気が原因で視力が下がったり、視野が狭くなります。
その時、目を凝らしたり意識的にピント合わせるため、眼精疲労が起こります。
眼鏡やコンタクトレンズが自分に合っていない場合も疲労を引き起こす原因となります。
★ストレスなど心的要因
過労や人間関係などの日々のストレスや、神経症、自律神経失調症などの精神的なものによっても眼精疲労は引き起こされます。
ストレスによる体の過度の緊張が血流を悪くしたり、目を保護するのに必要な涙の分泌量が減ったりして目の疲れを感じるのです。
★目の使い過ぎや環境
私たちの目には、眼球の位置を調整する外眼筋と目のレンズである水晶体の暑さを調整する毛様体筋などがあります。
長時間集中してものを見ていると、目がオーバーワークとなり、目の筋肉に疲労が溜まり悲鳴をあげている状態になります。
また、暗すぎる部屋やまぶしすぎる環境、近すぎる作業距離、エアコン等による乾燥と様々な環境も眼精疲労の原因となります。
特に、パソコンをよく使う人はVDT症候群に注意が必要です。VDT症候群とは集中したデータ入力や、液晶等の画面を見ながらの作業を長時間続けることで宮目からくるさまざまな症状を引き起こす、現代病とも言える病気です。
いかがですか?
眼精疲労を引き起こすと頭痛や自律神経失調症などの全身症状にまで発展してしまうことがあります。早め早めにケアをして眼を普段から労ってあげましょう。

今日からぐっすり♪快眠のための生活習慣

2018.09.20 | Category: その他,不眠症,健康ブロク,自律神経失調症

快眠のコツとして重要なのは、就寝前の刺激やストレスを避けて、心身がリラックスした状態を作ることです。
就寝前の脳への刺激は交換神経系が活性化され、快適な入眠の妨げになります。睡眠2時間~3時間前頃から、刺激やストレスの元になる行動を控えましょう。
例えば、熱いお風呂や激しい運動、カフェインやアルコールの摂取、スマホやパソコンのライトなどが挙げられます。
もしも習慣化している方は、快眠のために改善していく必要があります。
★日中の適度な運動★
日中に適度に体を動かして交感神経を刺激しておくと、夜は体を休めるために副交感神経が働きやすく、寝付きが良くなり、深い眠りを得ることができます。
快眠のための運動としてオススメなのは、ウォーキング、水泳やサイクリング、ヨガやストレッチなどのいずれもあまり激しくなく、適度に疲労を感じる運動です。
逆に、睡眠前の運動は本来副交感神経が働くべき時間に交感神経が働いてしまい脳が興奮して寝付きが悪くなるため控えましょう。
★昼と夜の光を意識★
本来、人間の自然な生活リズムは地球の自転とともにあり、日中は太陽光の中で過ごし、日が沈むとともに眠りに入る生活です。このような規則正しい生活が自律神経や体内時計を整える大事なポイントなのです。
朝は太陽光で目覚めると体内時計がリセットされて、寝る前には睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されやすくなります。
しかし就寝前にテレビ、パソコン、スマホ等の人工の光を浴びると、脳が覚醒してしまいます。
★最適な寝具★
布団や枕など、寝具には様々な種類があります。特に枕とマットレスは眠りの体勢を長時間支えるものなので、自分に合った良いものを選ぶことをお勧めします。
理想の寝姿勢は【背骨が立っている時の曲がり方よりも、やや緩やかなカーブを維持できる姿勢】と言われています。寝心地が良いだけが良いと言うわけではないことを頭に置いておき、自分の体に合ったものを選びましょう。
:高すぎる枕では首に無理な力がかかり首や肩こりの原因となります。逆に低すぎると血液が頭に下がり脳を刺激するため寝付きが悪くなってしまいます。大人の場合、枕の高さは頭を乗せて沈んだ状態で6センチが理想と言われています。
マットレス:柔らかすぎるマットレスは、寝返りが打ちにくい、背骨や腰が不自然に曲がり負担がかかる、体が安定せず無意識に筋力を使い疲れる、等の点が挙げられます。
硬すぎるマットレスは、体との接着面が圧迫されて血行が悪くなる、腰が浮いた状態になり腰痛の原因となる等の店があります。
いかがですか?
快眠のための生活習慣と適切な寝具で自律神経の興奮を抑えぐっすりと眠れるように心がけてください。

頭痛は整体で治す!

2018.09.11 | Category: 自律神経失調症,頭痛

こんにちは!本日は「頭痛は整体で治す!」についてです。

 ▼以下に当てはまりますか? 

定期的にロキソニンなどを服用している

・天気が悪くなる前から頭痛がする

・首や肩コリも併発している

・目の奥の方でズンズンと痛みがある。

・病院で検査をしたが異常がないと言われた

・更年期かな?と半ばあきらめている

・こめかみがズキズキ痛んで日常生活に支障をきたしている

・長年頭痛で悩んでいる。

頭痛はひどい人だと立っていられなかったりします。今頭痛でお悩みの方、この記事を読んで頭痛治療をこれを機に始めてみませんか?

 

▼頭痛の原因について

頭痛の原因は頭(脳)や首元に原因があると思いがちですが、実は、意外にも頭から離れた位置にあることが多いです。なぜかというと「体は一枚の膜(皮膚)で覆われている」からです。

体は頭から手足の先まで、一枚の膜でつながっています。そのためデスクワークで手を使いすぎたり、姿勢が悪く骨盤がゆがんでいると膜がねじれて縮んだりします。

その結果、頭部にも悪影響を起こすというわけです。イメージしやすいように全身タイツを来ている状態を想像してください。どこか一か所引っ張ったら、体が傾いたり窮屈になるのをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

また、頭痛の原因は筋肉や骨だけでなく、ストレス、暴飲暴食、過度な労働や運動による脳、神経、内臓のゆがみ、飲酒喫煙からも起こります。

つまり、頭痛を治すためには、これだけの原因を検査して治療する必要があります。

▼頭痛の治療

一般的に病院では原因不明とされる事が多く、薬を出して様子を見てというパターンが多いです。

この頭痛症状の原因としては骨や内臓のゆがみや筋肉の硬さなどからきている場合が多いんですが、レントゲン、CT、MRIなどでは異常がでないため原因不明となります。

このような症状はいくら検査しても原因が分からないので、頭痛の原因を治すのではなく症状を抑える薬を出すしかないのです。しかし薬はあくまで痛みを抑え込んでいるだけで、痛みの根本原因(骨や内臓の歪み、筋肉の硬さなど)を改善することはできていません。

そのため、薬を止めたらまた頭痛がでてくるというサイクルに陥ってしまいます。

▼根本治療をしてくれる治療場所を探しましょう。

そもそも、なぜ、あなたの頭痛は改善しないのか? それは、痛みの原因を探すことができないからです。薬ばかり飲んでいても一時的な効果しか得られません。

・頭が痛いから頭痛薬を飲む

・頭がズキズキするから患部を冷やす

・首、肩が痛いから長時間のマッサージをする

このような対処法は、一時的には頭痛が楽になるかもしれませんが、根本的な改善は期待できずあなたの頭痛の症状はどんどん進行していきます。

薬で痛みを消してもすぐにまた出てきてしまい、いつか頭痛薬も効かない状態になってしまいます。

薬を月に10日以上飲むという方は要注意です。薬の過摂取による痛みが出ている可能性があります。

あなたの痛みは結果であって、それらを引き起こしている原因が必ずあります。

 

▼頭痛を環境のせいにしてませんか?

・頭痛は天気が原因だ!

・頭痛は生理が原因だ!

・頭痛はストレスが原因だ!

天気がすぐれない時や、生理時、強いストレスを感じている時、頭痛の症状が出てくる方も多いと思いますが、それは頭痛の引き金になっているだけで、根本の原因がなくなれば問題ないことなのです。

天気が悪い時はしょうがない。生理の時はしょうがない。ストレスを避ける手段がないからしょうがない。などと思ってあきらめていませんか?

 

▼根本治療で頭痛とサヨナラしましょう!!

痛みの原因を明確にし、その原因を改善することで、確実に頭痛が軽減していきます。数十年痛みと闘っていた主婦の方でも改善する事が可能です。

当院ではそうした頭痛でお困りの方々に楽になってもらうために根本治療を提供しております.

興味がある方や頭痛と一刻でも早くサヨナラしたいという方はぜひ当院へ御来院ください。

お待ちしております。

※頭痛整体が大変好評のためあらかじめご予約のお電話をしていただけると幸いです。

質の良い眠りって?

2018.09.08 | Category: その他,健康ブロク

9月3日(=ぐっすり♪)は睡眠健康促進機構が制定した「秋の睡眠の日」です。
暑さが和らぎ朝晩が涼しくなり始めるこの頃、心地の良い眠りやすい季節でもあります。
夏の間にたまった疲れをしっかり取り除き、リズムを整え、寒い冬を迎えるための準備期間にしましょう。
ということで今回は「睡眠」についての情報をお伝えします。
質の良い睡眠って?
“質の良い睡眠が大事”とよく聞きますね。まず、質の良い睡眠とは何でしょうか?
それは簡単に言うと「朝起きた時に熟睡感がある眠り」のことです。前日の心身の疲れがすっかり取れていて、今日1日頑張ろうと言う力が湧いてくるような眠りです。
つまり、良い睡眠=長い睡眠と言うわけではないと言うこともいえます。
理想の睡眠時間に関しては個人差があります。性別や年齢、体調、季節によって睡眠時間は変動するのです。朝スッキリと目覚め、日中は眠気がなく過ごせる状態が実現できれば、たとえ睡眠時間が3時間や5時間であってもいいのです。
自分の体の欲求に忠実になって、すっきりするまで眠ることが大事になります。
逆に、質の悪い睡眠は、しっかりと寝たはずなのに疲れが取れていない、集中力と判断力の低下、ストレスが溜まりやすくなる、コミニケーション能力の低下、さらには病気になりやすくなったり、老化が進んだり…と、百害あって一利無しの状態を引き起こします。
詳しく知ろう♪ノンレム睡眠とレム睡眠
睡眠は、眠りの深さによって「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の2種類に分けられます。
レム睡眠は浅い眠りであり、体は休んでいますが脳が起きている状態で、夢を見たり、尿意やちょっとした物音で目覚めたりすることが多いです。
それに対し、ノンレム睡眠は深い眠りであり、脳が休んでいる状態で、自律神経も穏やかになっており、心身ともに休息が得られます。このノンレム睡眠の時間をいかに長く取ることができるかが、熟睡感を得るための鍵となります。
睡眠にはサイクルがある
ノンレム睡眠とレム睡眠には周期があり、両方を1セットとして、一晩でおよそ90分の周期で3~5回を繰り返すというのが統計から一般的とされている睡眠です。
特徴としては、最初の3時間(2サイクル)で一気に深く眠り、その後徐々に浅くなっていき、覚醒(起床)を迎えるようになっています。その最初の3時間は脳が1番休まる最も大切な時間であり、最低でもこれだけは眠っておかないと心身がきちんと回復しません。
また、レム睡眠からの起床はスッキリと目覚めやすく、ノンレム睡眠時はなかなか起きられません。起床時の目覚めが悪い場合は、ノンレム睡眠からの急な起床も原因の1つと考えられます。目覚めやすい時間は約90分周期(※個人差あり)で訪れると言うことになります。
次回は「今日からぐっすり! 快眠のための生活習慣」についての情報をお伝えしますね。
どうぞお楽しみにしてください。

頭痛の種類と症状

2018.09.05 | Category: 頭痛

頭痛でお困りの方、頭痛に種類があるって知ってましたか?

今回は頭痛について少し詳しく説明します。

 

▼頭痛のタイプ

頭痛は、症状の出方と原因により「片頭痛」「群発性頭痛」「筋緊張性頭痛」などのタイプがあります。頭部MRIなどの画像検査で、腫瘍などの問題が無ければ、鎮痛薬の処方による対応が一般的です。

しかし、頭痛薬を月に10日以上服用している場合には、「薬物の使用過多による頭痛」に陥っている場合があります。

また、くも膜下出血など脳の器質的変化による頭痛に関しては今回は省略します。

▼片頭痛について

20-40代の女性に多くみられます。こめかみから側頭部にズキンズキンと脈うつような痛みが特徴です。

大半が立ってるのもツラかったりするでしょう。なかには座っているだけでもツラいという方もいるようです。

ストレスの負荷よりもストレスから解放された時に頭痛が発生するという傾向があります。

また、閃輝暗点(せんきあんてん:視野の中心が見えにくくなり、その周囲にきらきらと輝く歯車のようなギザギザの模様が見える)も特徴のひとつです。

また、酷い人は臭覚過敏、悪心、嘔吐を伴うことがあるようです。

発作は月に1~2回、2~3日継続する場合が多く、発作は12~24時間程度続きます。

そのため、まる一日何も手につかなくなります。さらに、最近の研究で母親が片頭痛の場合は遺伝することがあると分かったそうです!

また、日常動作による脳の血管拡張にともない発症することが多く、入浴やマッサージ、アルコールの摂取により痛みが増悪するとされています。

安静、冷却、適切な睡眠、適当な緊張(血管収縮)により軽快する傾向があります。

▼群発性頭痛について

20-40代の男性に多くみられます。

身長が高い、普段の飲酒量が多い、ヘビースモーカーの方に多い傾向があるようです。

主に深夜、突然一側の眼窩部(眼のくぼみ)のえぐられるような激痛が1時間程続きます

発作は、2~3ヶ月、毎日同じような時間帯に起きます。そのため、睡眠障害になる人もいるようです。頭痛には適度な安静と睡眠が有効なため夜間の頭痛により悪循環に陥ることもあります。

症状として、涙目、目の結膜の充血、鼻づまり、鼻みずなどを伴います。

▼筋緊張性頭痛について 

頭を締め付けるような頭痛、頭の重い感じが続く頭痛の症状が、主に後頭部や頭の両側に発生します。

普段から、同じ姿勢(デスクワークなど)を続けることが多いなど首に負担がかかっているケースが多く、一日中頭痛が続き、特に夕方に増悪します。

入浴や体操などで頚や頭部の血流が良くなると軽快します。

▼頭痛の治療について

頭痛は体のストレスのサインです。

頭痛を治すには現状の生活習慣を見直し、改善することから始める必要があります。

規則正しい生活を送ることが、頭痛予防・治療の基本だということが言えます。

あらゆる疾患の予防・治療において、「規則正しい生活」というのは大切なのですが、頭痛でもそれは同じです。

以下の事から始めましょう!!!

 

★しっかりご飯を食べる

★しっかり寝る

★ストレスは抱え込みすぎない

★適度に運動をする

★酒、タバコはなるべく控える

 

このような一般的に健康的と言われるような生活習慣は、頭痛の改善にも良とされています。

まずは規則正しい生活を心がけてみましょう。

 

▼頭痛を甘く見ない事!

頭痛だからそのうち治るでしょという考えでは長引く可能性があるため、まずは自分の生活習慣を見直すなど出来ることから行っていきましょう。

また、当院でも頭痛に対する治療を行っております。

自宅で出来る予防法の指導なども行っておりますのでお悩みの方はぜひ一度当院に御来院ください。

膝の痛みは筋トレで治すってホント?

2018.09.03 | Category: セルフケア,半月板損傷,変形性膝関節症,膝のロッキング,膝の痛み

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで!

私にお任せください!!


こんにちは!本日は「ひざの痛みを筋トレで治すって本当?」についてです。

変形性膝関節症の方で以下の症状でお困りではありません?

・膝の曲げ伸ばしで痛みが出る

・正座が出来ない。

・自転車が漕げない

・歩き始めに膝が痛む。突然膝が抜けるような感覚がある

・小走りが怖い。

・立ち上がりや階段登り降りが物を掴まないとできなくなった。

一つでも当てはまる方はぜひ最後までお読みください。

変形性膝関節症の間違った治療を行っている可能性があります。

 

 

▼変形性関節症とは

変形性膝関節症は、関節軟骨がすり減ったり、なくなって膝の形が変形し、痛みや腫れをきたす状態をいいます。

初期段階ではたまに痛みが出る程度で日常生活に何ら障害は出ませんが、変形性膝関節症が進行し重症化なると、本来の滑らかな動きが障害されます。ま

た、関節の変形や運動痛、 関節の可動域制限等により、 起立や歩行に大きな影響を与えます。今までおこなえていたことが行えなくなってしまいます。

▼膝痛持ちの方は増えている!

発病率は高齢になるほど増加していき、約3000~4000万人になると言われています。

特に、女性のほうが男性よりも1.5倍~2倍多いとされています。やはり高齢になるにつれ体の姿勢やバランスが悪くなり、重心の位置が変化することで内側の軟骨ばかりが擦り減り、徐々にO脚になって、変形性膝関節症に発展しやすいといわれています。もちろんその逆で、X脚になる方もいます。

▼簡単にメカニズムを解説します!

正常な膝関節では、筋肉や膝蓋腱(膝のお皿~すねに付着)、靭帯(前後・内側・外側の4つ)が関節への負担を適切に分散します。

重心が正常の位置にあると、筋肉や靭帯、腱などがしっかり働きます。

しかし、変形性関節症では、加齢や過度の関節運動、遺伝的要因、関節不安定症などによって軟骨がすり減ったり、骨折などによる外傷などで、正常だった膝関節の構成が破たんすると、その分散のしくみが正常に機能しなくなってしまいます。そのため、クッションの役目を担う軟骨に過度な負担がかかり、軟骨の磨耗(まもう)や消失、骨同士のこすれあい、 変形へとつながります。

▼変形性膝関節症を運動すれば治ると思っている方へ

病院などでリハビリを行っている方、スイミングクラブで週に数回泳いでいるという方、本当に運動だけで治ると思っていますか?筋トレをして痛みを緩和させるという方法は主にアスリートの方が行うことで一般の方はそんなにガッツリ筋トレしませんよね。

筋トレをして完全に痛みが消えたという方、見たことありますか?

運動すれば筋肉が関節を安定させると説明を受けた人もいるかもしれませんが、それだけでは痛みが取れることはありません!

なぜなら、筋肉がついたからと言って関節の安定性を改善するとは限らないからです。

▼運動も悪くない!ですが、もっと大切なことがあります。

あなたが変形性膝関節症になった原因は何でしょうか?筋肉が衰えたからですか?80歳でも元気に歩いている方もいます。

筋肉が無くても大丈夫なんです。本当の原因は姿勢にあります。

膝に負担のかかる姿勢を取っていたことが原因です。

その原因に対して治療しない限り筋肉をつけても痛みは取れません。姿勢を改善することで痛みを取ることが出来ます。

膝が変形する要素の一つに足関節や股関節、腰椎といった他の部位が関連していることが多々あります。そのため筋トレをして膝周りをいくら鍛えようと、その周りの関節に原因があればずっと痛みは取れないままなのです。

▼辛い膝の痛みでお困りの方

膝痛で毎日が億劫な方。ぜひその痛みを取らせてください。

当院での治療により清々しく毎日生活できるようになった方を今までたくさん診てきました。

もしかするとそのような人たちとあなたは同じ症状かもしれません。

まずはお気軽にお電話してください。ぜひお待ちしています。

膝の痛みは本当に肥満が原因?

2018.08.29 | Category: 半月板損傷,変形性膝関節症,膝の痛み

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで!

私にお任せください!!


こんにちは!本日は「体重とひざ痛の関係」についてです。

変形性膝関節症の方で以下の症状でお困りではありませんか?

・膝痛の原因は肥満のせいだと言われ

 た。またはそう思っている。

・体重を減らそうと努力しても全く減る

 気がしない

・ダイエットは苦痛だ。

・体重を減らしても膝痛が消えなくて

 困っている。

さて、よく「太っている人は膝の痛みが起きやすい」と聞きますよね?

果たして肥満が原因で膝痛が出ていると思いますか。痩せても効果が無い方、もっと別の所に原因があるのではないでしょうか?

そもそもの原因もわからず体重のせいにする前に本当の原因を知る必要がありますよね。

肥満のせいで膝に負担がかかっていると言われた方、またはそう思っている方は、ぜひ最後までお読みください。

▼膝痛の原因と症状について

一般的に変形性膝関節症は、膝関節の老化や使いすぎによっての負担から、膝が腫れたり、痛みが出るという印象をお持ちかと思います。

変形性膝関節症は、特に、中年以降から増え、60歳以上の肥満体型の女性に起きやすく、畑仕事等の肉体労働や正座を長くしてきた生活スタイルの人に多く見られます。そのなかで、肥満体系の人にはもっぱら多くみられるイメージがあるかと思います。

膝痛の主な症状は、立ち上がりや歩き始め、階段昇降での膝に感じる「痛み」や、「違和感」「腫れ」です。これが徐々に悪化すると関節変形が起こってきます。

先ほども述べましたが、日本で多く知られているイメージとして「肥満=膝を悪くする」という考え方です。もちろん体重が重い方が膝へかかる圧は増えると思います。ですが、直接的に膝の痛みが出るのは肥満のせいだという考えは少し違うと思います。

 

▼力士の方は膝を痛めてますか?

膝の痛みが出るということは、何らかの炎症が膝関節の中で起きているわけです。

もしくは膝の周りの組織(筋肉や靭帯、腱、半月板など)に問題が起きていることが考えられます。その結果、正常な動きが出来なくなります。

肥満になることで、膝へかかる圧力(関節内圧)は上昇します。しかし、膝関節自体に変形が無く、スムーズに動くのであれば痛みが出ない事の方が多いです。

要は重心の位置が正常で、O脚やX脚でなければ肥満の方でも痛みは出にくいということです。

力士の方はみんな膝が痛いというわけではありませんよね?

もちろん肥満の方は重心のの位置が膝関節の外か内かにズレた場合、痩せている人より負担は増えます。しかし、姿勢を整えることで痛みを緩和することは可能なのです。

 

▼治療や対処法

運動を勧められ、リハビリやスイミングに通っている方。痛みは取れましたか?

絶対とは言い切れませんが、それで膝痛が減るのであれば病院はいりません。

それで痛みが取れた人はラッキーだったでしょう。しかし、ほとんどが再発してしまうケースばかりです。

また痩せようとしても、短期間で痩せるのは難しいこうとでもあります。

その間、痛みと闘いながら痩せるというのは非常に難しいことです。

 

▼痛みを取るために痩せるという概念は取り払いましょう!

これまで膝の痛みがでてしまう生活をしていたかたは、痛みがなるべく出ない生活にスタイルチェンジする必要があります。

その生活の中で、姿勢を整えていくという無理のない範囲で進めていくことが重要です。急激に何キロも体重を落とすことはお勧めしません!!

 

肥満が原因 → 痩せるために運動 → 運動で膝に負担がかかる → 結局続かない

 

痛みが出ているのは膝です。肥満に対して運動をしても膝が良くなるわけではありません。

そこを勘違いし、痩せれば痛みが減ると思っていると、いざ痩せた時に痛みが減っていなかった場合どうしますか?

 

肥満にアプローチするのではなく、痛みにアプローチすることが大事なのです。

 

▼姿勢を整えると痛みの緩和以外にも様々ないいことがあります。

姿勢を整えれば様々ないい効果が生まれます。

膝痛以外の痛みの緩和も図ることが出来ます。それを知らずに、姿勢が綺麗になっても変わるわけがないと思っている方。

膝痛を訴えて当院に来院されるほとんどの方が数回の治療で完治されます。そして再発したという方がほとんどいません。

今、痛みで悩んでいる方、本当に治したいのであれば当院での治療をおススメします

 

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭