対物賠償責任保険について 交通事故治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 対物賠償責任保険について 交通事故治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

対物賠償責任保険について 交通事故治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

2013.09.03 | Category: 交通事故治療

村上接骨院は交通事故治療専門接骨院です。

平日夜9時まで受付しておりますので、会社帰りでも通院出来ます!

交通事故による首の痛み・腰の痛み・むち打ち症の痛みは村上接骨院にお任せください!!

詳しくは当HPの『交通事故治療』のページをご覧ください。

 

 

今回は対物賠償責任保険についてのです。

前回のブログで紹介した対人賠償責任保険は交通事で『他人』に怪我をさせてしまったり、

死亡させてしまった場合に補償される保険です。それに対して、この対物賠償責任保険は交通事故で

『他人の財物』に損害を与えてしまった場合に補償される保険です。

例えば『不注意で信号待ちしている車に突っ込んでしまい、数十万円の修理代を請求された。』

『誤ってコンビニに車ごと突っ込んでしまい、店の修理代の他、壊してしまった商品代や休業補償など

合わせて数百万を請求された。』

『脇見運転をしていたらガードレールに突っ込んでしまい、高額な金額を請求された。』

など、対物賠償保険では相手の車の修理代や、ガードレールや標識、塀や店舗などの『物』の

補償をしてくれるのです。

また、物以外にも物が損害を受けたことによる間接的な損害も補償の対象になります。

例えば、店舗に車が突っ込んだために修理が終わるまで営業出来ないことによる営業損失や、

タクシーとバスと事故を起こした場合、修理が終わるまでの休業補償なども補償されます。

 

自賠責保険では物に対しての補償は一切ないので、対物賠償保険に加入していない場合は、

損害を与えてしまった物の修理代や営業・休業損失などは、全額自腹で払う必要が出てきてしまう

のです!

対物賠償責任保険で支払われる賠償金額、対人賠償保険のときと同じように、自分自身の過失割合分

だけが相手に支払われます。

例えば、・対物賠償保険契約額  1000万円

     ・相手方の損害額    600万円

     ・加害者(契約者)の過失割合   70%  の場合

600万円の70%=420万円が相手方には補償されます。

今回は相手方の賠償金の支払額が420万円で、対物賠償保険の契約額が1000万円だったので

問題はありませんでしたが、これが相手への支払いが1500万円だったらどうなるでしょう??

この場合、契約額の1000万円を超える分、つまり500万円は自分で支払う必要が出てきてしま

います。電車と事故を起こした場合など非常に高額な請求をされる場合もあるので、対物賠償保険も

『無制限』で契約しておくのが良いと思います。

 

次回は搭乗者傷害保険についてです(^^)

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭