【川越市内より】踵の痛み(セーバー病)の治療~スポーツ障害専門村上接骨院 | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 踵の痛み > 【川越市内より】踵の痛み(セーバー病)の治療~スポーツ障害専門村上接骨院

【川越市内より】踵の痛み(セーバー病)の治療~スポーツ障害専門村上接骨院

2014.06.27 | Category: 踵の痛み

11歳 男子 野球

小学6年少年野球。今年に入ってからの右踵の痛み。

2ヶ月前から練習を休んでいる。少しづつ痛みが引いてきたので体育は軽くやっている。

ジャンプやケンケンで痛みがあります。踵骨骨端症(セーバー病)です。10歳前後の

スポーツをする男子に多い障害です。

セーバー病も我慢して練習している期間が長ければ長いだけ治癒にも時間がかかります。

この患者さんも長期間痛みを我慢しながら運動していたので完全治癒するまでに7回の治療が

必要となりました。

痛みが出たらすぐに治療をすればもっと早く、回数も少なく運動に復帰出来ることが多いです。

あとはセルフケアをしっかり行い、自分で自分の痛みを治すという意識が必要になります。

なぜなら、痛くなったのは自分の身体に原因があるからです。自分の痛みをいつまでも他人任に

しないで、自分の身体を理解して、ケアを行えば必ず良くなります。

痛みで運動が出来ない期間を出来るだけ少なくして、楽しくスポーツをしてほしいですyes

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭