TEL

サッカー少年の股関節の痛み~埼玉県川越市の村上接骨院~ | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 股関節の痛み > サッカー少年の股関節の痛み~埼玉県川越市の村上接骨院~

サッカー少年の股関節の痛み~埼玉県川越市の村上接骨院~

2014.12.04 | Category: 股関節の痛み

10歳 埼玉県本庄市から来院

サッカーをしている小学4年生。2ヶ月くらい前からの右股関節の痛み。

病院ではグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)と診断を受けて5週間休んで復帰する。

復帰して3週間経つが80%以上の動きで痛くなる。

日常生活では痛みはありませんが、股関節に抵抗をかけて動いてもらうと痛みがあります。

治療は骨盤以下の可動性を再構築して、内転筋群の滑動性を起こす治療をします。

治療後は内転筋群に抵抗をかけても痛みありません。

でもまだムリしないように注意して初回は終了。初診で左背部の痛みも一緒に訴えていましたが

これは10秒で治りました。

2回目の治療前に週末の試合で人数が足りずに4試合フルに出てしまう・・・その後2日間は痛かった。

治療後はダッシュ100%しても痛みなくなるが、まだ無理しないように念を押す。

3回目治療前に確認すると、また週末試合に2試合でたが、今回は痛みなく出来て、翌日も大丈夫だった。

抵抗をかけても痛みない。治療後、ダッシュ確認、キック確認しても大丈夫なので、経過観察をすることに

なった。

サッカー選手に多い鼠径部の痛み。無理をしれば長引くことが多いので我慢しないで施術をすれば

早期に回復が可能です。

股関節の痛みでお困りの方はご相談くださいね。

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');