TEL

施術の最後の仕上げは・・・ | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > その他 > 施術の最後の仕上げは・・・

施術の最後の仕上げは・・・

2016.02.23 | Category: その他

埼玉県川越市でオスグッドやシンスプリント・野球肘などのスポーツ障害と


腰痛、坐骨神経痛の治療をメインで行っている村上接骨院の村上です。

 

 

 

治療院デスクより・・・

 

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

 

今日は施術の最後に仕上げについてです。


治療家の皆さんは治療の最後はどんな体勢で行いますか?

 

仰臥位(仰向け)や腹臥位(うつ伏せ)で施術して座って説明して終了の

 

パターンが一般的なのではないでしょうか?

 

私は、最後の仕上げの施術の際はほとんど立位(立った状態)で施術をします。


患者さんを立った状態にして、そこで施術をして、最後に動作確認(痛みの確認は


しません。)をして終了となります。


なぜ、立位で施術をするのか?


これは、立った状態(あるいは座った状態)での動きやすさを出さないとしないと施術の


意味がないからです。寝た状態で動きが良くなっても、人間は寝たまま生活しませんよね。


普通は立っているか、座ったいる時に痛みや動きの硬さが起こりますので、その状態

 

で改善しているかどうかを確認しないとダメだと思うんですね。

 

なので、最後は普段の生活で痛みや動きにくさが出る状態で施術を行い、動きをチェック

 

しています。特にスポーツ障害のお子さんの施術の際は100%そうしています。

 

子供達は寝たままスポーツしませんから・・・

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ご質問はこちらまで

ym-murakami@nifty.com

 

村上接骨院

049-227-3533

公式サイト(スポーツ障害・腰痛・坐骨神経痛)

http://ym-murakami.com/

公式サイト(産後骨盤矯正・肩こりなど)

http://murakami-seitai.com/

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭