TEL Line

反り腰の悪影響について① | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 腰痛 > 反り腰の悪影響について①

反り腰の悪影響について①

2016.03.08 | Category: 腰痛

埼玉県川越市でオスグッドやシンスプリント・野球肘などのスポーツ障害と


腰痛、坐骨神経痛の治療をメインで行っている村上接骨院の村上です。

 

治療院デスクより・・・

 

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

 

 

 

今日は反り腰の悪影響についてです。


最近の若い方たちはPCやスマホ、普段の姿勢の悪さからどちらかと言うと


腰椎(腰骨)が後弯(猫背)タイプの人が多い傾向にありますが、じゃあ


腰椎が反っていればいいか?というと反りすぎも良くないのです。


通常腰椎は軽く前にカーブしています。これを腰椎前弯と言います。

 

 

 

仰向けで寝た時に腰を床の間にすき間が出来ます。

 

仰向けで寝ると腰が痛い人はたいていこタイプです。

 

若い女性や太った人で腰痛持ちの人に多く見られます。

 

身体を後ろに反らせると腰痛が生じます。腰部の関節の間隔が狭くなるので

 

体重が関節に掛かり過ぎるのです。

 

筋肉が痛いというより関節が痛いと背骨を指さします。

 

今日はこの辺にしてあすはこの反り腰(腰椎過前弯)タイプの特徴について

 

書きたいと思います。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

ご質問はこちらまで

 

 

ym-murakami@nifty.com

 

 

 

 

 

村上接骨院

 

 

049-227-3533

 

 

公式サイト(スポーツ障害・腰痛・坐骨神経痛)

 

 

公式サイト(産後骨盤矯正・肩こりなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');