TEL

反り腰タイプの特徴について | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 産後骨盤調整,腰痛 > 反り腰タイプの特徴について

反り腰タイプの特徴について

2016.03.09 | Category: 産後骨盤調整,腰痛

埼玉県川越市でオスグッドやシンスプリント・野球肘などのスポーツ障害と


腰痛、坐骨神経痛の治療をメインで行っている村上接骨院の村上です。

 

 

 

治療院デスクより・・・

 

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

 

今日は反り腰のタイプの特徴についてです。

 

・腹筋運動が苦手、腹筋が弱い

 

・腰のそり(カーブ)が強い

 

・仰向けで寝ると腰が痛い。腰周辺が落ち着かない

 

・股関節痛になりやすい

 

・O脚である

 

・太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が緊張している

 

・スネの筋肉(前脛骨筋)が疲れやすい

 

・身体を後ろに反らすと痛い、つらい   などなど・・・

 

※必ずしも上記のような症状が見られるわけではありません。

 

これって妊婦さんや恰幅のいい方などの状態(お腹が出ている)がそれに

 

近いですよね。

 

 

 

それと、大事な事なんですが、反り腰の強い方は、ある程度の年齢になると


脊柱管狭窄症を起こしやすくなるのです!!!

 

 

当院に来院される脊柱管狭窄症の患者様もこの反り腰パターンの方が非常に

 

多くいらっしゃいます。

 

座ってお辞儀しても腰が丸まらずに、まっすぐに、棒のようになるのです。

今からこの反り腰で腰が痛い方は気をつけましょうね~

 

明日は、この反り腰を改善するポイントをお知らせしますね。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ご質問はこちらまで

ym-murakami@nifty.com

 

村上接骨院

049-227-3533

公式サイト(スポーツ障害・腰痛・坐骨神経痛)

公式サイト(産後骨盤矯正・肩こりなど)

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭