足首捻挫の治療について~埼玉県川越市の村上接骨院 | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 足首の捻挫,足首の痛み > 足首捻挫の治療について~埼玉県川越市の村上接骨院

足首捻挫の治療について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.12.21 | Category: 足首の捻挫,足首の痛み

当院は、完全予約制の自費治療院なのですが、それでも『足首の捻挫をしたので診て欲しい』

『足首の捻挫がなかなか治らないので診て欲しい』という来院が毎月あります。

中には半年前からの痛みが治らないという方もいらっしゃり、数回の施術で痛みなく生活

出来るようになります。

そこで、今日は当院の足関節捻挫の治療についてお話したいと思います。

足関節捻挫で接骨院に来院される患者さんは非常に多く、保険適応になるケースがほとんど

なので通常の治療方法であるアイシング・電療・テーピングやシーネによる固定で充分対応

することが可能です。

しかし、ここでは更に踏み込んで、早期に足関節捻挫を修復して1日でも早い社会復帰をして

もらう為の方法をお話します。

通常、捻挫の治療は固定することで患部を安定・安静させて自然治癒力を促し、損傷した靭帯

が修復されて治るというのが一般的な方法論ですが、当院に来た急性の足関節捻挫の患者さんは

ほとんど固定をしません。

するとしたら軽いテーピングくらいです。また他の接骨院や整形外科で足関節捻挫の治療を受けて

『もう大丈夫』と治療を終了したにもかかわらず、まだ痛みや違和感が残ってるので診て欲しいと

来院される方も非常に多いのです。

(自費治療なのでこちらの患者さんのほうが急性捻挫よりも多いです。)急性の捻挫でも慢性的に

残ってしまった捻挫でも行う処置は同じです。それは“固定をして患部の修復を待つ”のではなく“捻挫に

よってズレてしまった関節のアライメントを修復すればあとは勝手に靭帯が治っていく。アライメント

が合えば痛みは軽減するので固定は軽度あるいは必要ない”という考えのもとで治療を行っています。

捻挫=靭帯損傷ではなく、捻挫=関節のアライメントがズレてしまった状態と考えて頂くと靭帯の損傷

はそれ程重要ではないのです。

もちろん損傷してしまった靭帯をしっかりと修復させないと靭帯にある受容器の働きが悪くなり、足首

の傾きを感知しにくくなり、それが捻挫グセの原因となるので、ある程度の安静は必要ですが、長期の

固定は逆に関節の働きを悪くしてしまうので関節のアライメントを整えてあとは軽い固定で充分と

考えられます。

足首捻挫でなかなか治らずお悩みの方は当院までご相談ください。

15465

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭