TEL Line

紫外線対策のマストアイテムはやっぱりコレ! | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > その他,健康ブロク,未分類 > 紫外線対策のマストアイテムはやっぱりコレ!

紫外線対策のマストアイテムはやっぱりコレ!

2018.05.23 | Category: その他,健康ブロク,未分類

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

前回のブログで5月からの紫外線対策が重要を書きましたが、今回のブログ

では紫外線対策のマストアイテムはやっぱりこれ!をお伝えしたいと思います。

 ◆日焼け止めクリームをこまめにしっかり塗る~SPF・PAとは~

帽子や日傘などの紫外線防止アイテムの活用はもちろんですが、それだけ
ではカバーすることができない顔や手などの素肌には、やはり日焼け止め
クリームが1番有効です。
汗やこすれ等で時間とともに落ちていくので、こまめに塗り直すことを
心がけましょう。
日焼け止めの基準を示す数字には【SPF値】【PA値】があります。
 
◆SPF(Sun Protection Factory)とは…
「紫外線防御係数」と言う意味で、日焼けや皮膚がんの原因となるUV-B
を、どれだけの時間防ぐことができるかを示したものです。
現在、日本国内で表示できるSPFの最大値は50までとなっています。
しかし、UV-Bを防御できる数値はSPF 30を超えると効果にそれほど差は
なく、肌への負担を考慮すればSPF値は30までのもので十分とされて
います。
 
◆PA(Protection grade of UVA)とは…
主に腹が褐色になることを防ぐことと、シミやたるみなどの光老化の
原因となるUV-Aを防ぐ目安を表しています。
PA値は「+」で表示され、4段階に分かれており、「+」の数が多い方が
よりUV-Aを防ぐ効果が高いと言うことになります。
 
※人の肌質はそれぞれ違いがあり、特に敏感肌の方は顔や体専門の
もの使い分けたり、購入した後にい一度皮膚の一部に塗ってかぶれない
かなどテストしましょう。

 ◆サングラスで目を保護する~レンズとデザイン選びが鍵~

 
サングラスを着用する習慣が無い方も多いかもしれませんが、無防備な
からの紫外線を防ぐにはやはり必須アイテムといえます。特にウォー
キングやスポーツ時、登山やアウトドアでのレジャー、畑仕事など、強い
紫外線の中で過ごすときにはサングラスを着用することをお勧めします。
また、その選び方も重要になってきます。
 
◆色の濃さと紫外線カットの効果は比例しない
レンズの色の濃すぎるサングラスは、紫外線対策としては逆効果に
なります。それは、目は暗くなった場所では動向が大きく開く機能が
備わっているので、濃すぎる色のレンズではかえって紫外線を吸収
してしまうのです。
もう一つ大事なのは、紫外線対策にはUVカット加工が施されている
レンズでなければ効果がありません。単に眩しさを軽減するだけでなく、
その点を意識したレンズを選びましょう。
 
◆デザインは顔により密着するものを
サングラスの形も重要で、せっかく着用していても上下や横から紫外線
が侵入してしまいます。
最近はフレームの細いおしゃれなデザインのものも多くなってきています
が、フレームが大きく、顔との隙間が少なくて目の横側までカバーできる
ものが良いでしょう。
 
近眼用や老眼鏡用もあるので、メガネ専門店で相談して入手することを
お勧めします。
 

 ◆トマトのリコピンで紫外線ケア

トマトに含まれる代表的な成分である「リコピン」は、非常に強い抗酸化力
を持っています。紫外線による日焼けは活性酸素が原因と言われている
ため、このリコピンの抗酸化作用が有効なのです。
リコピンは熱に強く、加熱調理することにより体内への吸収率も高くなります。
同じく肌の生成に効果的なビタミンC (緑黄色野菜や芋類に多く含まれる)
と組み合わせて積極的に取り入れてみましょう。
いかがでしょうか?
紫外線対策をバッチリして、暑い夏を乗り切って行きましょう!
 

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');