TEL Line

梅雨時期のジメジメ~カビアレルギーに要注意!~ | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > その他,健康ブロク > 梅雨時期のジメジメ~カビアレルギーに要注意!~

梅雨時期のジメジメ~カビアレルギーに要注意!~

2018.06.11 | Category: その他,健康ブロク

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

こんにちは!
今年もあっという間に上半期の最後、梅雨シーズンの6月ですね。
雨ニモマケズ、気持ちだけは晴れやかに元気にはつらつと過ごしましょう♪
今回は、この時期に気をつけたい「カビアレルギー」と対策についてお伝えします。

 ◆梅雨時期のジメジメ カビアレルギーに要注意◆

アレルギーと言えば、食品やダニ・花粉などが有名ですが「カビ
アレルギー」と言うものも存在します。
カビアレルギーは花粉アレルギー等とは違い、外では症状が出ないのに
家の中だと症状が出るというところがポイントです。特にジメジメした梅雨
のシーズンや高温多湿の夏場はカビの成長が盛んになり、住まいのいたる
所でカビが発生しやすくなるため、注意と対策が必要です。

◆おかしいなと思ったらすぐに専門医へ!カビアレルギーの主な症状◆

★アレルギー性鼻炎
鼻の粘膜が敏感な人が発症しやすいのがアレルギー性鼻炎です。鼻の
粘膜にカビが付着することで過剰反応してアレルギー反応を起こします。
しゃみ、鼻水、鼻づまりが典型的な症状で、アレルギー発症時は、
くしゃみが連続して出てきて鼻水が出てくるのが特徴です。
★アレルギー性皮膚炎
鼻や口からカビ胞子を吸い込むだけでなく、大量のカビの集合体に直接
触れてしまいアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。
かゆみを伴った赤い腫れやブツブツが現れますが、かきむしってしまうと
浮遊しているカビ胞子が付着して悪化する可能性があります。
★アレルギー性結膜炎
目の粘膜にカビ胞子が入ることで発症します。目は鼻や気管に関連する
ため他の症状と合併して起こることが多いです。
白目の部分が充血して痒くなったり、異物感があって涙が出たりする等の
症状が現れます。
★アレルギー性喘息
胞子の小さいカビが気道に入ることで過剰反応して喘息が起こります。
喘息になると、呼吸困難や発作が起こりゼーゼーやヒューヒューといった
呼吸音になります。
特に乳幼児に多く、特にカビが原因の場合は重症化しやすいとされて
いるので注意が必要です。

 ◆カビの発生条件は? 3大要因の【湿度】【温度】【栄養】◆

カビの胞子は空気中を浮遊していて、この胞子が壁などをはじめ、
あらゆるものに付着し、数時間で発芽が始まります
そこからあちこちに枝を出して菌糸を作り拡大していきます。
カビは以下の3つの条件がそろうと発症、増殖するため、このどれか
1つでも断つことが重要になります。
①湿度… 70%以上
②温度… 20~30℃
③栄養…ほこり、木材、食物、人の垢など
いかがですか?
ジメジメとしたこの時期になにか調子が悪いなと感じたら、もしかしたら
カビアレルギーかもしれませんので、まずは専門医に診てもらい、
その上で、対策をしっかりとってカビを発生しにくいようにしましょう。
次回はカビの対策についてお伝えします。

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');