TEL

膝のロッキング | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 半月板損傷 > 膝のロッキング

膝のロッキング

2013.03.18 | Category: 半月板損傷

42歳 女性 小学校教諭

数年前に体育のサッカーで膝をひねった時に半月板損傷になり、その後膝の痛みを

ずっと抱えていましたが、去年当院の半月板損傷治療ですっかり良くなっていた患者様

がまた学校で膝を痛めたとタクシーで来院されました。

完全に膝がロッキングしています。曲げることはなんとか出来ますが、伸ばせません;(

当院ではロッキングの解除は愛護的に出来るだけ痛みを伴わない方法で行います。

この患者さまの場合も徐々に膝が伸びていってあるところでスッと伸びるようになりました。

その瞬間患者さんが『あっ!外れた』とロッキングが外れたことが分かります。

ロッキングが外れたからといって、すぐにスタスタ歩けるわけではありません。この患者さま

は再受傷ですので、よけい周囲の軟部組織といわれる筋・腱・靭帯・関節包などを傷めて

いますので、しっかり固定して数週間は経過観察が必要です。

また、何度もロッキングをするようになると、半月板損傷もかなり深くなっていると思われます

ので手術が必要になってくるかもしれません。

今後もしっかりと施術していきます。

 

お陰様です。

当院では、痛みのない幸せな生活を送るためにお手伝いをさせて頂きます。

予約制の特別整体コース・スポーツ整体コースをオススメしています。

当日の予約も取れることもあります。急いでお電話を 

049-227-3533

スポーツ障害・腰痛専門の接骨院 

半月板損傷・オスグッド、膝の痛み、シンスプリントの治療行っております。

交通事故によるむち打ちや痛みの専門治療も行っております。

東武東上線 新河岸駅 徒歩12分 駐車場4台あります

県内外から多く来院

初めての方も安心な痛みを伴わない療法です。

 

過去の治療症例はこちらをご覧下さい。

  『 スポーツ障害格闘日記 』

http://murakamisekkotuin.blog38.fc2.com/
 
  村上接骨院&川越スポーツ治療院

 

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭