TEL

セーバー病(踵骨骨端症)の治療終了~川越市内より来院 | スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 踵の痛み > セーバー病(踵骨骨端症)の治療終了~川越市内より来院

セーバー病(踵骨骨端症)の治療終了~川越市内より来院

2013.04.02 | Category: 踵の痛み

10歳 男子 バスケットボール

バスケットボール少年の小学4年生。10月からの踵の痛み。左のほうが痛い。右も

少し痛い。ケンケンや走ると痛く、バスケの練習後が一番痛い。

セーバー病の痛みもマチマチですが、このクライアント君の場合、あまり無理するタイプ

ではなく、痛い時は練習を休んでいる。セルフケアもしっかりやりそうな感じが初診時から

分かったので、そんなにかからないなぁと思っていました。

連動部位で硬く反応のある部位を緩めます。あとはつま先上げ操法を行うとこっちも

反応がよく、治療後はケンケンも痛みありません。練習も無理しない範囲で行なってもらいました。

治療に来るたびに経過が良く、5回の治療で痛みもなくなり、終了となりました。

当院は患者さんの自然治癒力が最大限に発揮できるようにお手伝いをします。

あとは、患者さんのセルフケアや無理をしないことが一番回復を早めてくれます。

セルフケアはそっちのけでとりあえず早く治して~なんて方は、どこへ行っても治りません。

まずは自分の身体と向きあいましょう!そこから回復が始まります

IMG_0094

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');