TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > セーバー病(踵骨骨端症)の記事一覧

セーバー病(踵骨骨端症)の治療報告~埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.17 | Category: セーバー病(踵骨骨端症),足部の痛み,踵の痛み

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


11歳 小学6年 少年野球

 

去年の秋頃からの左右のセーバー病で、夏は痛みが引いていたが寒く

なってまた再発する。チームが全国大会に出るような強豪で週末の練習

は朝6時から夜6時までやっている。監督が言うには『成長痛なんて

みんな我慢しながらやっているから』となかなか休む事がが出来ない。

練習で右ふくらはぎも痛めてそれからは練習をやってない。

歩行時痛あり、ジャンプ不能。痛くて学校を休んでいる。

 

踵は後面の骨端線に反った圧痛が強い。練習を出来るレベルではないと

伝える。治療とセルフケアの指導をする。休めないとなかなか治らない

と説明する。

 

その後3日間学校に行けなかったが治療間隔を詰めてきてもらい登下校

は大丈夫になる。

 

5回治療後、調子が良かったので自己判断で練習に復帰するがすぐに

痛くなる。練習に参加すると、別メニューが出来ないチーム方針なので

まだ休んで治療に専念してもらう。

 

この患者さまも、下腿・ハムストリングス(モモ裏)、背部の筋膜ライン

の硬さが非常に強く、筋膜の癒着をリリースするのに回数がかかりました

が8回の治療で体育の縄跳びもOKになり、10回の治療でチーム練習も

OKになりました。

 

暖かくなるまでは再発が怖いと両親の希望もあり3週間くらいのペースで

経過確認しながら痛みを戻さないようにフォローする予定。

 

今だに成長痛は我慢すれば治る!というアホな考えの指導者がいますが、

その考えを強要して、大好きなスポーツが嫌いになる子供がどれだけ

いるかと思うと悲しくなります。

 

一人でも多くのスポーツ少年・少女を100%痛みなくスポーツ現場に

復帰させる為に今日も頑張りますyes

 

スポーツ障害でお困りの方は当院までご相談くださいね。

 

 

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭