TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 健康ブロクの記事一覧

はじめよう!目に優しい習慣

2018.10.20 | Category: その他,健康ブロク

はじめよう目に優しい習慣
起きている間、目はずっと忙しく働き続けます。そのため日ごろのケアを怠ると、どんどん疲れ目が進んだり視力が低下したり、白内障やドライアイなどの病気にかかったり目の老化が始まります。
目をいたわる習慣を心がけましょう。

その1 寝ている時だけ目は休める

私たちの体は眠っている間に痛んでいるところを修復するようにできています。目も例外ではなく、唯一目を休めることができる睡眠時間はとても重要になります。
忙しくとも最低でも6時間はしっかりと休ませて、次の日に目の疲れを残さないようにしましょう。
また、就寝前のスマホの操作は目に良くない事はもちろん、脳が覚醒し良質な睡眠をとることができません。

その2 定期的に遠くのものを見る

近くを見るとき、目の中にあるピント合わせるための水晶体や、その水晶体を調整する毛様体筋が緊張します。この状態が目にとても負担になります。
反対に、遠くを見ると毛様体筋が緩み、目をリラックスすることができるのです。例えば窓の外の空を見たり、定期的に目線を遠くに向けて目の疲労を軽減させましょう。

その3 じんわり温めてリフレッシュ

疲れ目には温めるのが効果的です。疲れた部分に溜まった疲労物質を血行促進して流しましょう
厚手のフェイスタオルを水に濡らして硬めに絞り、ロール状に丸めて電子レンジ600ワットで1分程温めます。
やけどに注意しながら広げ40℃程度に冷まして畳んでゆっくり目の上に乗せます。
ただし目の充血や炎症の場合温めずに眼科を受診しましょう。

その4 たっぷりの水分補給を

眼球内の細胞や眼球を動かす筋肉に酸素や栄養を届けるのは血液です。ドロドロの血液状態はダイレクトに目に影響し、目のむくみに始まり、目の病気や視力の低下など様々な不調につながります。
水分をしっかりと取ることで、さらさらの血液を目の隅々にまで行き渡らせましょう。また、過度の飲酒は脱水を引き起こし、喫煙は血液の粘性を高めてしまいます。

毎日たったの1分ずつ★目の疲労回復に効くツボ押し。

鼻の付け根【睛明-せいめい-】
目の周りの緊張を緩和する効果があり、疲れ目のほかに、近眼にも効きます。鼻の奥を押すように(若干つまむように)に、少しずつゆっくりと圧をかけます。
こめかみ【太陽-たいよう-】
別名「眼医者殺し」と言われる位、効果のあるツボで、眼精疲労からくる頭痛の緩和にも効果的です。人差し指と中指で優しく押します。力の入れすぎには注意しましょう。
目の下【承泣-しょうきゅう-】
目の中心の下側の、目のくぼみと骨の堺です。目の下の血行が良くなるのでクマが気になる方には特にオススメです。骨に沿って4本指で軽く押しましょう。
眉の上【陽白-ようはく-】
眉の中心から指一本ほど上に離れたところにあり、眼精疲労や頭痛の緩和だけでなく、顔のたるみにも効果的です。人差し指の腹で軽く押します。
いかがですか?
目に優しい習慣を取り入れて、ケアを行い、疲れ目や眼精疲労を予防しましょう。

眼の疲れ!感じていませんか?

2018.10.10 | Category: 健康ブロク,未分類

10月10日は「目の愛護デー」として、目の健康に関する活動が行われています。
特にパソコンやスマートフォンが普及し目を酷使することが増えた現代では、「疲れ目」や「視力の低下」などの悩みを持つ人が多く見られます。
今回は目に関する情報をお伝えしますので、この機会に目を労った生活を意識してみましょう♪
 疲れ目から眼精疲労へ 
疲れ目(眼疲労)と眼精疲労は異なり、疲れ目は長時間の読書やパソコンやスマホ等で一時的に疲労感がある状態で、休息をとれば治るものです。
眼精疲労の方が重症であり、休息をしても症状がよくならない上、目の症状以外にも頭痛や吐き気、肩こりや不眠など全身に不調が現れます。
疲れ目のうちに予防や改善をすることが大切になってきます。
 眼精疲労の主な原因 
★目の病気や加齢
近視・乱視・老眼・白内障やドライアイと、目の病気が原因で視力が下がったり、視野が狭くなります。
その時、目を凝らしたり意識的にピント合わせるため、眼精疲労が起こります。
眼鏡やコンタクトレンズが自分に合っていない場合も疲労を引き起こす原因となります。
★ストレスなど心的要因
過労や人間関係などの日々のストレスや、神経症、自律神経失調症などの精神的なものによっても眼精疲労は引き起こされます。
ストレスによる体の過度の緊張が血流を悪くしたり、目を保護するのに必要な涙の分泌量が減ったりして目の疲れを感じるのです。
★目の使い過ぎや環境
私たちの目には、眼球の位置を調整する外眼筋と目のレンズである水晶体の暑さを調整する毛様体筋などがあります。
長時間集中してものを見ていると、目がオーバーワークとなり、目の筋肉に疲労が溜まり悲鳴をあげている状態になります。
また、暗すぎる部屋やまぶしすぎる環境、近すぎる作業距離、エアコン等による乾燥と様々な環境も眼精疲労の原因となります。
特に、パソコンをよく使う人はVDT症候群に注意が必要です。VDT症候群とは集中したデータ入力や、液晶等の画面を見ながらの作業を長時間続けることで宮目からくるさまざまな症状を引き起こす、現代病とも言える病気です。
いかがですか?
眼精疲労を引き起こすと頭痛や自律神経失調症などの全身症状にまで発展してしまうことがあります。早め早めにケアをして眼を普段から労ってあげましょう。

今日からぐっすり♪快眠のための生活習慣

2018.09.20 | Category: その他,不眠症,健康ブロク,自律神経失調症

快眠のコツとして重要なのは、就寝前の刺激やストレスを避けて、心身がリラックスした状態を作ることです。
就寝前の脳への刺激は交換神経系が活性化され、快適な入眠の妨げになります。睡眠2時間~3時間前頃から、刺激やストレスの元になる行動を控えましょう。
例えば、熱いお風呂や激しい運動、カフェインやアルコールの摂取、スマホやパソコンのライトなどが挙げられます。
もしも習慣化している方は、快眠のために改善していく必要があります。
★日中の適度な運動★
日中に適度に体を動かして交感神経を刺激しておくと、夜は体を休めるために副交感神経が働きやすく、寝付きが良くなり、深い眠りを得ることができます。
快眠のための運動としてオススメなのは、ウォーキング、水泳やサイクリング、ヨガやストレッチなどのいずれもあまり激しくなく、適度に疲労を感じる運動です。
逆に、睡眠前の運動は本来副交感神経が働くべき時間に交感神経が働いてしまい脳が興奮して寝付きが悪くなるため控えましょう。
★昼と夜の光を意識★
本来、人間の自然な生活リズムは地球の自転とともにあり、日中は太陽光の中で過ごし、日が沈むとともに眠りに入る生活です。このような規則正しい生活が自律神経や体内時計を整える大事なポイントなのです。
朝は太陽光で目覚めると体内時計がリセットされて、寝る前には睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されやすくなります。
しかし就寝前にテレビ、パソコン、スマホ等の人工の光を浴びると、脳が覚醒してしまいます。
★最適な寝具★
布団や枕など、寝具には様々な種類があります。特に枕とマットレスは眠りの体勢を長時間支えるものなので、自分に合った良いものを選ぶことをお勧めします。
理想の寝姿勢は【背骨が立っている時の曲がり方よりも、やや緩やかなカーブを維持できる姿勢】と言われています。寝心地が良いだけが良いと言うわけではないことを頭に置いておき、自分の体に合ったものを選びましょう。
:高すぎる枕では首に無理な力がかかり首や肩こりの原因となります。逆に低すぎると血液が頭に下がり脳を刺激するため寝付きが悪くなってしまいます。大人の場合、枕の高さは頭を乗せて沈んだ状態で6センチが理想と言われています。
マットレス:柔らかすぎるマットレスは、寝返りが打ちにくい、背骨や腰が不自然に曲がり負担がかかる、体が安定せず無意識に筋力を使い疲れる、等の点が挙げられます。
硬すぎるマットレスは、体との接着面が圧迫されて血行が悪くなる、腰が浮いた状態になり腰痛の原因となる等の店があります。
いかがですか?
快眠のための生活習慣と適切な寝具で自律神経の興奮を抑えぐっすりと眠れるように心がけてください。

質の良い眠りって?

2018.09.08 | Category: その他,健康ブロク

9月3日(=ぐっすり♪)は睡眠健康促進機構が制定した「秋の睡眠の日」です。
暑さが和らぎ朝晩が涼しくなり始めるこの頃、心地の良い眠りやすい季節でもあります。
夏の間にたまった疲れをしっかり取り除き、リズムを整え、寒い冬を迎えるための準備期間にしましょう。
ということで今回は「睡眠」についての情報をお伝えします。
質の良い睡眠って?
“質の良い睡眠が大事”とよく聞きますね。まず、質の良い睡眠とは何でしょうか?
それは簡単に言うと「朝起きた時に熟睡感がある眠り」のことです。前日の心身の疲れがすっかり取れていて、今日1日頑張ろうと言う力が湧いてくるような眠りです。
つまり、良い睡眠=長い睡眠と言うわけではないと言うこともいえます。
理想の睡眠時間に関しては個人差があります。性別や年齢、体調、季節によって睡眠時間は変動するのです。朝スッキリと目覚め、日中は眠気がなく過ごせる状態が実現できれば、たとえ睡眠時間が3時間や5時間であってもいいのです。
自分の体の欲求に忠実になって、すっきりするまで眠ることが大事になります。
逆に、質の悪い睡眠は、しっかりと寝たはずなのに疲れが取れていない、集中力と判断力の低下、ストレスが溜まりやすくなる、コミニケーション能力の低下、さらには病気になりやすくなったり、老化が進んだり…と、百害あって一利無しの状態を引き起こします。
詳しく知ろう♪ノンレム睡眠とレム睡眠
睡眠は、眠りの深さによって「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の2種類に分けられます。
レム睡眠は浅い眠りであり、体は休んでいますが脳が起きている状態で、夢を見たり、尿意やちょっとした物音で目覚めたりすることが多いです。
それに対し、ノンレム睡眠は深い眠りであり、脳が休んでいる状態で、自律神経も穏やかになっており、心身ともに休息が得られます。このノンレム睡眠の時間をいかに長く取ることができるかが、熟睡感を得るための鍵となります。
睡眠にはサイクルがある
ノンレム睡眠とレム睡眠には周期があり、両方を1セットとして、一晩でおよそ90分の周期で3~5回を繰り返すというのが統計から一般的とされている睡眠です。
特徴としては、最初の3時間(2サイクル)で一気に深く眠り、その後徐々に浅くなっていき、覚醒(起床)を迎えるようになっています。その最初の3時間は脳が1番休まる最も大切な時間であり、最低でもこれだけは眠っておかないと心身がきちんと回復しません。
また、レム睡眠からの起床はスッキリと目覚めやすく、ノンレム睡眠時はなかなか起きられません。起床時の目覚めが悪い場合は、ノンレム睡眠からの急な起床も原因の1つと考えられます。目覚めやすい時間は約90分周期(※個人差あり)で訪れると言うことになります。
次回は「今日からぐっすり! 快眠のための生活習慣」についての情報をお伝えしますね。
どうぞお楽しみにしてください。

骨粗鬆症を予防するのに必要な栄養素

2018.03.22 | Category: その他,健康ブロク,未分類

坐骨神経痛・腰痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

骨粗鬆症を予防するにはカルシウムだけじゃダメなんです!

 

骨を作る栄養素と言えば『カルシウム』ですよね。おそらく1番に思い浮か

べるのではないでしょうか。

しかし、カルシウムは体内で作ることが出来ないので食品から摂るしかない

上、吸収率があまり良くないのです。

カルシウムをより効果的に効率よく吸収することが出来る栄養素と組み合わせ

て、日々の食事に取り入れましょう!

 

カルシウム
骨や歯の主な成分で、欠かさず取る必要があります。

他にも筋肉の収縮を助ける、血液の凝固作用を促す、精神の安定等の

大切な働きがあり、摂取量が少ないと、恒常性維持機能の働きで骨を

溶かして血液に供給されるため、骨訴訟症につながります。

カルシウムが豊富に含まれている食品に干しエビやししゃもなどの魚介類、

納豆や木綿豆腐などの大豆製品、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、小松菜、

ひじき、干し大根などの野菜や海藻類に多く含まれております。

 

 

 

ビタミンK
ビタミンKは、腸から吸収されたカルシウムを骨に取り込むの助け、沈着

させる働きと、カルシウムが尿中に排泄されるのを抑える働きがある栄養素

です。

ビタミンKが多く含まれている食品にニラ、春菊、ブロッコリー、ほうれん草

などが挙げられます。

 

 

マグネシウム
マグネシウムは、カルシウムが骨から溶け出すのを防ぎます。

マグネシウムが不足すればカルシウムが十分に働かないため、重要な

パートナーといえます。

マグネシウムが多く含まれている食品にアサリ、大豆、バナナ、アーモンド

などが挙げられます。

 

 

 

ビタミンD
ビタミン Dは、体内で活性化し、上からのカルシウムの吸収を促し、血液に

入ったカルシウムを骨まで運ぶ働きがあります。また、骨を作る骨が細胞の

働きを促し、骨の形成を助けます。

食品以外でビタミンDを得る方法としては、日々の生活の中で日光を浴びる

ことです。適度な紫外線を浴びる事は、ビタミンDの大きな供給源になります。

ビタミンDが多く含まれている食品にさば、さんま、いわし、干し椎茸、

うなぎ、いくらなどが挙げられます。

 

 

タンパク質
骨を作るコラーゲンを合成するために、肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品

など、質の良いたんぱく質をとりましょう。

ただし肉類や乳製品は脂肪分が多いので食べ過ぎに注意です。

 

いかがでしょうか?

普段から身近にある食品が多いですよね。ですが、意識して食べないと

なかなか摂取できずに、添加物や化学調味料の多い食品を食べてしまう

傾向になります。

骨粗鬆症を予防する一番の秘訣は

『好き嫌いせず、何でもバランス良く食べる』

これに尽きるかもしれません。

骨盤の歪みより大事なものは・・・

2018.02.02 | Category: 健康ブロク,座骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

腰痛・坐骨神経痛専門、埼玉県川越市の村上接骨院 院長の村上です。

今日のテーマは

【骨盤の歪みより大事なものは・・・】

です。

 

【骨盤がゆがむ】と聞くと骨盤が開いたり・閉じたり・捻じれたり

と言った言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

結局のところ

 

 

『開く』 『閉じる』 などはどちらが良くてどちらが悪い。という

ことでは無く、骨盤は弾力性があるのが一番良いのです!

 

 

要するに

 

 

柔軟な骨盤が一番良いのです!

 

 

そして、骨盤の『開く』 『閉じる』 プラス、お尻の方にある

ハート型をした仙骨という骨の動きとも骨盤は連想しており

姿勢にも大きく関わってきます。

 

 

では、弾力性に富んだ骨盤にするにはどうするば良いのか?

 

 

ざっくり言うと

 

 

股関節周囲を柔らかくすること。

 

 

脚の付け根部分(そけいぶ)や太ももの内側、外側、前側、後ろ側、

お尻部分などを伸ばしたり、揉んだりして筋肉を柔らかくしてあげる

と良いです。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など腰に関連する診断を

受けた方や腰痛や坐骨神経痛などの症状をお持ちの方は股関節の

柔軟性が無くなっている人が非常に多いのです。

 

 

股関節に動きを加えられる動作や刺激というと・・・

 

 

例えば・・・

 

 

✔開脚

✔お相撲さんがやる四股の体勢

✔お尻にテニスボールを当ててグリグリ

 

 

など、何でも良いのです。

 

 

とりあえず、股関節周囲に刺激を加えてください。

 

 

特に腰に関係する症状をお持ちの方は、太ももの内側が

硬くなっているので、パートナーに踏んでもらうと尚良い

でしょう。

 

 

股関節周囲が柔らかくなると股関節がスムーズに動くので

弾力性に富んだ骨盤の状態になって、腰に関連する症状

は楽になるでしょう。

 

 

是非、お試しあれ(^^)

 

 

身体の冷えから身を守る対策!~埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.24 | Category: その他,健康ブロク

身体の冷えはすべての不調の根源、大病の入り口を言っても
過言ではありません!と前回のブロクでお伝えしましたが、
今回は実践編です!

今日から意識してやっていきましょう。

【実践1】衣服
衣服での対策は下半身を温める事が基本です!
冷えは下半身や身体の深部が冷たい状態にあります。
『下半身はしっかり温め、上半身は重ね着で調整』

冷えを感じる人と、感じない人の皮膚表面温度を比較すると、
顏、腹、腰、手のひら、手の甲では差がなかったのに対して、
冷えのある人は足背(足の甲)、足底(足の裏)、ふくらはぎ
の表面温度が低かったという報告があります。

寒い日でも、セーターなどの厚手の衣類をしっかり着込むという
のは少なくとも暖房した室内では不適当です。
暖房が効いていると汗をかくため、汗で熱を放出してしまうだけ
ではなく、汗が乾く時にも身体の熱を奪って、かえって身体を
冷やしてしまいます。

服の服装の基本は『下半身は暖かく、上半身は重ね着で調整』
上半身の重ね着は、外気温や室温の状況によって調整できるよう
脱ぎ着しやすい前開きのものを選ぶ、マフラーや手袋を持ち歩く
工夫も大切です。

 

【実践2】入浴
お風呂で血行促進、新陳代謝の活性化、体内の老廃物や疲労物質
の除去を促す!

38~40℃前後のぬるま湯のお湯に15分以上じっくり浸かり
芯まで温まりましょう。
熱いお湯ではすぐにのぼせて短時間しか入れず、身体の表面が熱く
なるばかりで、身体の芯まで温まりません。ぬるめのお湯にじっくり
浸かることで、芯まで温まり血行が促進されます。
コツは、最初から肩まで浸からないこと。寒い冬は、肩まで浸かって
全身を温めたくなりますが、上半身だけ先に温まってしまい、冷えを
最も感じる足先が完全に温まりません。

お湯の中で足の指を動かしたり、ふくらはぎをマッサージするのも
血行促進に効果的です。
そして、入浴後は身体が冷える前にベッドに入ると質の良い睡眠を
得ることが出来ます。

 

【実践3】食事
偏った食生活では熱の生成ができずに血行不良に陥る!

野菜を食べない、米・パンや麺類などの炭水化物、レトルトやインスタント
食品ばかりという方はいませんか?
このような食生活で栄養バランスが乱れると、熱の生成に必要なタンパク質
やビタミン・ミネラルの不足が起こり、冷えを更に悪化させます。
また、偏食は貧血も招きます。

貧血によりヘモグロビンが不足すると栄養素が酸素不足で不完全燃焼を
起こし、身体を十分に温めることが出来ません。
血液量そのものが少なくなり、末梢への血液も不足し、特に手足などの
冷えの原因になります。

『身体を温める食べ物』『身体を冷やす食べ物』を知っておこう!
東洋医学には身体を温める『陽性食品』と身体を冷やす『陰性食品』が
あります。もちろん陰性食品の栄養も大切なので、加熱したり陽性食品
と食べ合わせましょう。

陽性食品:里芋・玉ねぎ・人参・ねぎ・レンコン・唐辛子・生姜・
りんご・チーズ・イワシ・マグロ・梅干し・鶏肉・牛肉などの
水分が少ない・硬い・寒い地域で育つ・赤やオレンジ色・苦味や
塩辛いもの・根菜類・赤身 等(例外もあります。)

陰性食品:レタス・トマト・なす・きゅうり・もやし・レモン・バナナ・
豆腐・こんにゃく・そば・タコ・カニ・うなぎ・馬肉 などの
水分が多い・柔らかい・暑い地方で育つ・白や紫色・酸味や甘みの
強いもの・葉菜類・白身 等(例外あります。)

参考にしながらバランスよく食べることが大事になります。
冬場は陽性食品、夏場は陰性食品を多めに食事に取り入れるように
意識してみてくださいね。

身体の冷えを放っておくと悪化の一途に・・埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.11 | Category: 健康ブロク,未分類

坐骨神経痛・腰痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


皆さんもご存知の通り「冷えは万病の元」です。身体が冷えると血の循環

が悪くなり、免疫力や新陳代謝が低下して、頭の先から足の先まで不調が

起こり、やがて大きな病気の引き金になります。事実、冷え性の人は病気

になりやすい結果もあります。

身体を温めて冷えを改善することは、様々な病気を予防する事に繋がって

いきます。

放っておくと悪化の一途に・・・こんな不調ありませんか?

 

★肩こり・腰痛【血流の悪化が痛みを誘発】

家事や仕事などの日常生活で同じ姿勢を長く続けていると、筋肉が緊張して

血管を圧迫することにより、血流の流れが悪くなります。すると筋肉内の

老廃物が排出出来ずに溜まったままとなってしまい、こりを引き起こします。

全てではありませんが、慢性的なコリや痛みは、血行不良によるものが多い

のです。

冷えも血行不良を引き起こす要因の1つですから、身体を温めることは、

コリや痛みの予防・改善につながります。

 

★胃腸の不調【冷えは胃腸の働きを鈍らせる】

「胃がもたれて痛む」「下痢や便秘になりやすい」という人は、冷えに

よって胃腸の昨日が落ちている可能性があります。冷たい飲食物を控え、

内側から冷やさないようにするのはもちろん、腹巻き等で外側から温め

る事も大切です。

 

★不眠【放熱しにくい身体は、睡眠の質を下げる】

人間の体温は起床とともに上がり、夜になると下がるようになっています。

眠りに入る前は、身体に溜まった熱(深部体温)を下げるために、手足の

先の血管を拡張させて血流を増やし、熱を放散します。その体温の変動を

きっかけに、身体が眠りの体勢に入っていくのですが、手足の冷えを感じ

ている人は熱をうまく逃がすことが出来ずに、質のよい睡眠が得られません。

睡眠の改善には、寝る前にお風呂に浸かり身体を温めるのが有効です。

 

★太りやすい・痩せにくい【基礎代謝に影響する冷えは、太りやすさと表裏一体】

私達の身体の中では、食べたり飲んだりしたものを速やかにエネルギーに

変え、身体の隅々まで栄養を行き渡らせ、そして要らないものを速やか排

出する「代謝」が行われています。すなわち、基礎代謝が高い人は、脂肪

を溜め込まないので脂肪燃焼が起こりやすく、老廃物を溜め込まないので

便秘知らずになります。

体温が高い人は、血液循環も良好なので、脂肪の温度が下がりにくく、

すぐに脂肪を燃焼できる体制が作れます。平均体温が1℃下がると、基礎

代謝が12%も下がります。これでは同じカロリーを摂取していても体温の

低い人ほど摂取したカロリーがその後消費されず、脂肪や老廃物として

溜め込まれてしまうことになります。

冷えによる不調は頭から爪先まで!

 

これらはほんの一例であり、「冷え」はすべての不調の根源、大病の入り

口と言っても過言ではありません。

自覚がある方は、これ以上の悪化や新たな不調が出る前に、一度生活習慣

を見直してみることをオススメします。

次回の健康ブロクでは「冷えから身を守る対策!」今日から意識して

やってみましょう!をお伝えします。

 

慢性的に腰や膝が痛い、坐骨神経痛があるという人は特に身体を温めて、

そして当院に治療に来てください。

 

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭