TEL Line

スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 腰椎椎間板ヘルニアの記事一覧

坐骨神経痛の好発年齢は?高齢者だけのもの?【川越の坐骨神経痛】村上接骨院

2018.05.17 | Category: 座骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

以下の症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?

・お尻から足にかけて痺れる感じがする。ほとんど常に感じられる。

・寒いと余計にしびれが強くなり、我慢できないことがある。

・立ち仕事がつらい。少し立っているだけで痺れが増してくる

このような症状がある方は坐骨神経痛を疑いましょう。すでに坐骨神経痛の

診断を受けたことがある方もぜひ読んでみてください。

 

 

▼坐骨神経痛が増えるのは40代から

坐骨神経痛は読んで字のごとく坐骨神経に異常をきたす疾患です。

元々、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患が要因となるケース

がありますが、特にそういった疾患がない場合、坐骨神経痛の診断を受けます。

ではなぜ40代に多いのかというと、まずは先ほど挙げた疾患に付随するケース

があるためです。また40代となると運動をしない人がほとんどで腰部・臀部

周囲の筋力の低下などの要因もあります。

 

▼治療法は何があるか?

まず病院では「重いものを持ち上げない」「長時間同じ姿勢で過ごさない」

「シャワーで済ませずお風呂にしっかりつかる」「おなか周りの筋肉

をつける」などの指導があるかと思います。また外来リハビリでは物理

療法といってホットパックで温熱効果を図ったり、マッサージなどを受ける

でしょう。しかし、この治療法は私が整形外科に勤めていた頃から15年

以上進歩がありません。

40代であれば仕事はしている方がほとんどでしょうし、安静にしていろと

言われても難しいかと思います。そうした中で治療を受けても、仕事が

力仕事の方やデスクワークの方は治癒が困難なケースが見られます。

ここで、最近当院で治療を開始された方のケースを紹介します。

 

40代 女性 事務職

 30代以降、慢性的な腰痛に悩まされる。仕事中はほとんどが座って

いることが多く、時間がたつにつれ腰部の痛みや足にしびれが出現する。

ひどい日は立っていると10分ぐらい痺れ、両足のだるさが出てしまうため

朝礼や集会がつらい。最近では歩行時に痺れも出現してきた。

この方はヘルニアや脊柱管狭窄症は画像診断では発見されなかった

そうです。

 

▼当院で行っている治療はあなたをがっかりさせません!

当院では坐骨神経痛に対して機械を使ったり、注射を打ったりなどの治療は

一切行っていません。まず初めにわかっていただきたいのは、坐骨神経痛が

なぜ起きているのか。その原因はどこにあるのか?という点です。

病院での治療や生活指導は痛みやしびれに対する一時の対処にしかすぎ

ません。生活指導もしびれが出ている方にとっては「腹筋や背筋をつける必要

があります」と言われたところで運動なんてできませんせんよね?

しかしながら、外来に通ってマッサージを受けたり、ブロック注射を定期的に

打たれる方が多いのは事実です。当院ではあらかじめ治療期間をおおまかに

設定し、その中で治療を行っていきます。

そして治療の内容ですが「根本にアプローチをする」ということです。最初に

述べましたが坐骨神経の異常が起きた根本の原因を追究します。これは人に

よって原因は異なります。腰からお尻、膝までの筋肉を観察し異常がないか

を確認していきます。そして、姿勢が崩れていないかなどのチェックポイント

を見てトータル的に治療を行っていきます。お尻の筋肉が原因の人もいれば

腰の筋肉、背中、おなかの横の筋肉、太ももに原因がある人もいます。

その原因を的確に見極め、正確な治療を行っていきます。

 

 

▼最後に

今、本当にしびれや痛みで悩んでいるという方。どこで治療していけばよい

かわからない方。当院であなたに合った最善の治療を行ってみてはいかが

でしょうか?悩む前に行動ではないですが、行動しないと良くなりません!

どんなことでもお気軽にお電話してください!

坐骨神経痛を共に治していきましょう!

 

腰痛と姿勢の関係について【川越市の腰痛専門】村上接骨院

2018.04.27 | Category: 座骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

 ★腰痛と姿勢の関係について★

 

以下の症状でお困りの方はいませんか?

 

・慢性的な腰痛で悩んでいる。

 

・ぎっくり腰になりやすい

 

・朝起きると腰が重い

 

・同じ姿勢をとっていると腰が重くなってくる

 

・痺れが少し出てきた

 

・腰の治療に通っているがあまり効果が得られない

 

一つでも当てはまる方はぜひ最後までお読みください。

 

腰痛の原因について正しい知識をお教えします。

 

▼腰痛は腰に負担がかかりすぎているから?本当の原因とは・・・

 

腰痛についての話ですが、その前にウォーキングをされている方、もしくは

運動を定期的に行っている方でも腰痛を発症する事があります。よく腰痛を

発症すると「運動不足だから」と言われがちです。果たして本当にそうだと

思いますか?そして、肥満の方や、重い物を持つ仕事をしている人がなり

やすいという常識も本当にそうなのでしょうか?

 

実際に、定期的にジムで運動をしている方でも腰痛で治療を受けに来る方

はいらっしゃいます。運動をしているから、痩せているから腰痛とは無縁と

いうわけでもないようです。腰痛の本当の原因はその人の姿勢にあります。

 

▼姿勢と腰痛の関係

 

腰痛は大きく分けて「急性腰痛」と「慢性腰痛

に分けられます。この急性腰痛はいわゆるぎっくり腰です。そして、諸説あり

ますが痛みは筋・筋膜性が原因ということはほとんどです。では、姿勢と

どのような関係があるか説明します。

 

イメージしてください。人間は一枚の皮膚で覆われています。皮膚に継ぎ目

などはありません。ある場所の皮膚が固くなったり、伸縮性が低下すると、

違う部分にストレスがかかるのです。

また、腰付近の筋肉で重要な「脊柱起立筋」「広背筋」「腰方形筋」や股関節

周囲の筋肉(梨状筋など)は姿勢の変化で伸張されたり短縮したりしてしまい

ます。

 

伸縮・短縮すると、体は正常なバランスの状態からアンバランスな状態に

なり、背骨や骨盤部にかかる衝撃を分散することが出来なくなります。

人間の背骨は綺麗なS字を描いていますが、このS字が崩れるだけで

クッション機能が全く機能しない状態になり余計に負担がかかるように

なります。

 

 

▼貴方の体は大丈夫ですか?

 

・左右の手足のバランスを確認する

 

靴の裏のすり減り具合やまっすぐ立った時の膝、肩の高さの位置を確認

します。まっすぐ立っているようで実はどちらかの足に体重が乗りすぎていた

りします。その人の運動種目によっても変わってきます。野球を小さい頃

から高校までしていた人は利き腕が少し長くなったりします。人の体は左右

のバランスが取れていないとバランスを取ろうとします。例えば右に体が傾け

ば左の腰部に力が入ります。それが続くと左の腰痛が出てきます。

 

現在、世界中で体幹トレーニングが主流になっています。これは、今まで

行ってきた筋トレでは、効率よく筋肉をつけることが出来ないからです。

体幹トレーニングは体の軸に近い筋肉を鍛えるものです。軸の近くを鍛える

(体の幹を鍛える)ということは姿勢を正すことと同じです。正しい姿勢を作る

ことはパフォーマンスの向上につながります。

 

これが、最近の主流の考え方です。要は姿勢を整える→整えるために必要

な筋肉を体幹トレーニングで鍛えるということです。

それぐらい、姿勢というのは重要とされています。

 

 

▼あなたも人から「猫背」「がに股」なんて言われたことありませんか?

 

姿勢が崩れるのは日々の積み重なった悪い姿勢が原因です。そして、そう

いう方は、ほとんどの方が腰痛を発症します。ケガでの腰痛発生を除けば、

姿勢が正しい人で腰痛がある人はほとんどいません。(※姿勢が良い悪い

は外見での判断ではなく触診や視診などで総合的に判断する必要があります)。

 

腰痛でお困りの方、ぜひ、当院で根本に対する治療を受けてみませんか?

まずはお気軽にお電話をお待ちしております。

 

 

骨盤の歪みより大事なものは・・・

2018.02.02 | Category: 健康ブロク,座骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

腰痛・坐骨神経痛専門、埼玉県川越市の村上接骨院 院長の村上です。

今日のテーマは

【骨盤の歪みより大事なものは・・・】

です。

 

【骨盤がゆがむ】と聞くと骨盤が開いたり・閉じたり・捻じれたり

と言った言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

結局のところ

 

 

『開く』 『閉じる』 などはどちらが良くてどちらが悪い。という

ことでは無く、骨盤は弾力性があるのが一番良いのです!

 

 

要するに

 

 

柔軟な骨盤が一番良いのです!

 

 

そして、骨盤の『開く』 『閉じる』 プラス、お尻の方にある

ハート型をした仙骨という骨の動きとも骨盤は連想しており

姿勢にも大きく関わってきます。

 

 

では、弾力性に富んだ骨盤にするにはどうするば良いのか?

 

 

ざっくり言うと

 

 

股関節周囲を柔らかくすること。

 

 

脚の付け根部分(そけいぶ)や太ももの内側、外側、前側、後ろ側、

お尻部分などを伸ばしたり、揉んだりして筋肉を柔らかくしてあげる

と良いです。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など腰に関連する診断を

受けた方や腰痛や坐骨神経痛などの症状をお持ちの方は股関節の

柔軟性が無くなっている人が非常に多いのです。

 

 

股関節に動きを加えられる動作や刺激というと・・・

 

 

例えば・・・

 

 

✔開脚

✔お相撲さんがやる四股の体勢

✔お尻にテニスボールを当ててグリグリ

 

 

など、何でも良いのです。

 

 

とりあえず、股関節周囲に刺激を加えてください。

 

 

特に腰に関係する症状をお持ちの方は、太ももの内側が

硬くなっているので、パートナーに踏んでもらうと尚良い

でしょう。

 

 

股関節周囲が柔らかくなると股関節がスムーズに動くので

弾力性に富んだ骨盤の状態になって、腰に関連する症状

は楽になるでしょう。

 

 

是非、お試しあれ(^^)

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療終了~埼玉県川越市の村上接骨院

2017.10.17 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

坐骨神経痛・腰痛、スポーツ障害専門治療院の埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


30歳会社員 右腰椎椎間板ヘルニア

 

以前、重い物を運ぶ仕事をしていた。去年の11月に車の運転後おりた時

から腰から右の足にかけて痛くなる。

MRIにて右腰椎椎間板ヘルニアと診断。痛みは右臀部から大腿後面に

ある。

急に激痛が起こる事が多かったが最近はそれはなくなり徐々に良くなって

いる。

 

長時間の立位や座位で痛くなり、立ち上がるでかなり痛い。検査では

反り腰があり、左右の仙腸関節の動きが悪い。

 

仙腸関節の動きをAKA(関節運動学的アプローチ)で調整、あとは

股関節周りの動きをつけて反り腰を改善するようにしたら4回の治療で

下肢の坐骨神経痛が無くなった。

 

その後、治療間隔をあけながら、仕事をしても痛みがない確認して8回

の治療で終了となりました。

 

急性期を過ぎてからの治療だったので比較的、計画通りに進みました。

 

急性期(痛み始めたばかりの時)に激痛で動くのが困難なヘルニアは

その後の回復が比較的良好なのは後縦靭帯を突き破ったヘルニアを

マクロファージ(貪食細胞)が食べてくれるからと言われています。

 

厄介なので後縦靭帯を突き破らないヘルニアのほうで、痛みは激痛では

ないのですが、なかなか治らなくて、1年とか、2年とかヘルニアを診断

をされてからも治ってないケースです。

 

 

ですが、これも治らない訳では決してありません。

 

いろいろは方向からアプローチして、その人の症状に一番合った施術を

行えば痛みも改善します。

 

あなたの椎間板ヘルニア、諦めないでくださいね!

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.12.06 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアの治療についてです。
 
腰椎椎間板ヘルニアの治療は主に【関節が原因なもの】と【筋肉が原因なもの】を
 
チェックして、原因となっているものを調整することで背骨の動き・骨盤の動きを
 
改善して【背骨の詰まり】を広げて神経の走行を良くするのが目的です。
 
ヘルニアだと思っていても、実は偽ヘルニアのように原因が違うもの、例えば
 
神経の走行過程で筋肉と筋肉の間を通る時に狭くて圧迫されてしまうものなどが
 
ありますので、施術とチェックを繰り返しながら、その人の本当の原因を探して
 
それに合った施術をしていきます。
 
 
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

 

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアセルフチェック~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.12.01 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェックについてです。
 
ご自身が【もしかしたら椎間板ヘルニアかな?】って思ったら今日のセルフチェック
 
としてみてください。これでヘルニア確定な訳ではありませんが、可能性は高いです。
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

 

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアと背骨の関係について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.11.29 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアと背骨の関係についてです。
 
腰椎椎間板ヘルニアになりやすい背骨の形(姿勢)があります。
 
その姿勢を長時間していると椎間板ヘルニアになる可能性がグット上がります!
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.11.25 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアの原因についてです。
 
腰椎椎間板ヘルニアにはいくつかの原因があります。
 
重い物を繰り返し持つ仕事の人ばかりがなる訳ではないのですよ。
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

 

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

腰椎椎間板ヘルニアの分類~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.11.22 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアの分類についてです。
 
腰椎椎間板ヘルニアにも分類があり、痛みが強いが治りやすいもの、それほど痛みが
 
強くはないがなかなか治らないものなど、ヘルニアと言えばみんな同じ訳ではないです。
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.11.18 | Category: 座骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

川越市・ふじみ野市・さいたま市の腰痛・坐骨神経痛なら

 

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院の村上接骨院にお任せください。

 

当院にも多くの方が来院される、腰椎椎間板ヘルニアについての説明動画です。
 
今回は腰椎椎間板ヘルニアの症状についてです。
 
この動画をみていつくか当てはまる症状がある方は腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いです
 
ので一度医療機関で画像検査を行うことをオススメします。
 
もしかしたら、私って椎間板ヘルニア?と足のしびれでお悩みの方も是非ご覧ください。

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は是非、当院までご相談ください。

 

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');