スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2014 5月の記事一覧

シンスプリント治療 坂戸市より来院~川越市の村上接骨院

2014.05.27 | Category: シンスプリント

14歳 男子 陸上短距離 坂戸市より来院

中学3年陸上部。今年1月からの左右シンスプリントの痛みがあったが今は左のみの痛み。

しばらく練習休んで徐々に復帰しているが少し痛みが出る。

友人の紹介で当院に来院されました。

関節の硬さや筋の緊張、身体の歪みの部分を説明してその治療を行います。

週1回のペースで5回治療して痛みが大会に出ても痛みなかったので終了となりました。

とても自分の身体の反応に素直で、痛みが出れば無理をしないでくれたので、予定通りの

回数で完全復帰出来ました。

どうしても焦って無理をしてしまう方が多いです。そうすると回復も遅くなります。

しっかり自分の身体と向き合って、自分の身体と相談しながら動いていくと無理なく、痛みなく

運動することが可能なのですyes

シンスプリントでお困りの方はご相談ください。

野球肘の治療~スポーツ整体なら埼玉県川越市の村上接骨院

2014.05.20 | Category: 野球肘

11歳 男子 野球 上尾市より来院

小学5年少年団ショート兼ピッチャー。1ヶ月くらい前からの右の野球肘の痛み。練習はほとんどノースローで

バッティングや走行などをしている。ボールをリリースする時の痛みと伸ばす動作で痛い。

まずは治療後のタオルでのシャドーピッチングから確認。これは痛みない。

2回治療してピッチャー間で80%くらいで投げても痛みがなかった。大会があるのでどうしても

出たいというのでショートならOKと許可する。

5回目の治療前に確認する。大会は結局センターで出場したのでボールがあまり来なかった。

肘の痛みもなく普通に練習も出来ているというので治療は終了として、今後はメンテナンスで

身体の状態を確認していくことにした。

肘の圧痛をなくすには身体の軸バランスを正常にしていくとすぐに圧痛がなくなります。

野球肘の原因が単なる投げすぎでなないということですね。だって投げすぎならチーム全員が

野球肘になってもおかしくはないのですから。

同じ練習をしていても、一人一人の身体は違うのです。痛みが出る患者さんはどこかおかしくなっている

部分があるのです。

野球肘でお悩みの方はご相談ください。yes

シンスプリント治療で大会間に合った!~スポーツ整体なら埼玉県川越市の村上接骨院

2014.05.08 | Category: シンスプリント

14歳 女子 陸上短距離 入間市より来院

4月上旬に初診。左右のシンスプリント。左は昨年12月、右は最近からの痛み。

2日前から練習を休んでいる。身体がパンパンで硬い!!

当院独自のシンスプリント治療でジャンプやケンケンの痛みはなくなるがまだ

無理しないようにセルフケアを指導する。

GW前後に大会があるのでそこまでにはなんとか走れるようになりたいとのこと。

週1回の治療を計6回と毎日のセルフケアを頑張ってくれたお陰でGW中の大会にも100%

で走っても痛みがなく走ることが出来ましたyes

今後も大会が続くのでケアのお手伝いをしていきます。

GW前後の時期は部活の入部から練習量が増える時期なのでシンスプリントの患者さんが

多くなります。受験が終わって身体が出来上がる前に無理な負担をかけると痛みが出ます

ので、アイシングなどのケアと痛みが出たらすぐに休んで治療をおこなうのが一番です。

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭