TEL Line

スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2015 7月の記事一覧

肩関節疾患の勉強会に行ってきました~埼玉県川越市の村上接骨院

2015.07.24 | Category: 研修会,肩の痛み

7月12日に当院のメイン治療であるAKA(関節運動学アプローチ)と
AKS(関節運動学的ストレッチ)の指導者でもあるAKAスタジオ
名古屋の山内先生主催の肩関節疾患に対するアプローチの勉強会があり
参加して来ました。

元々AKSはAKAではあまり効果が見込めない肩関節や股関節など動きの
範囲が大きい関節の治療法として開発されたもので肩関節は特にAKS治療に
効果が出やすいので、しっかりと学んできました。とは言っても、以前ひと通りの
肩関節治療法を学んでいるので、今回は自分の施術の再確認と、忘れていたり、
不足している知識や細かい動きをチェックしてきました。

このAKS治療を使うようになってから、当院での肩関節疾患(四十肩や五十肩、
石灰沈着性腱板炎)の改善率が飛躍的にアップしており、治療回数も以前よりも
少ない回数で効果が出ております。肩関節疾患特有の症状でもある夜間痛
(夜寝ている時の痛みで目が覚めてしまう)の数回の施術で軽減や解消されることも
多くなり、治療を受けた患者様からは『あら~動く~不思議~』と言った声をたくさん
頂いております。
今後も、毎月1回名古屋の勉強会に参加して肩関節以外の部位の治療レベルを更に
アップ出来るように取り組んで行きます。

次回は腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症についてのアプローチを
再確認して来ます!

【所沢市より】野球肩の治療~埼玉県川越市の村上接骨院

2015.07.07 | Category: 野球肩

27歳 男性 

中学校3年間野球部だったがそれ以降野球をしていなかった。先日友人に誘われて
久しぶりに投げたら痛くなった。
来院時は外転120°、投球動作時痛あり。日常生活にも支障が出ている。

当院の野球肩のメイン治療はAKS(関節運動学的ストレッチ)です。
これは損傷している筋肉の滑動性を回復させる治療です。

どの動きで痛みが出るのかを正確に判定して、その筋肉にアプローチすることで
動きを回復していきます。

この患者さんは週一の来院で4回目で日常生活動作の痛みがなくなり、軽いキャッチボールが
出来るようになり、5回目の治療でショートで試合に出ることが出来るようになりました。
試合中1度、変な体制から投げた時に痛みがあったそうですが、その後痛くなることもなく
翌日も張りがあるくらいです。

今後も試合に出たいというので、間隔を空けながら治療を継続していく予定です。

この患者さまのように痛めてから早期に治療を開始したほうが治りは早い傾向にあります。

何年も野球肩をごまかしてやってきた人は少し回数や期間がかかりますが、皆さん以前よりは
投げやすくなっていることを実感して頂いてます。

草野球シーズンが始まりました。野球肩でお悩みの肩は当院までご相談ください。

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F
電話番号049-227-3533
駐車場4台あります
予約自費治療は完全予約制(スポーツ&特別コース)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');