TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2018 1月の記事一覧

身体の冷えから身を守る対策!~埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.24 | Category: その他,健康ブロク

身体の冷えはすべての不調の根源、大病の入り口を言っても
過言ではありません!と前回のブロクでお伝えしましたが、
今回は実践編です!

今日から意識してやっていきましょう。

【実践1】衣服
衣服での対策は下半身を温める事が基本です!
冷えは下半身や身体の深部が冷たい状態にあります。
『下半身はしっかり温め、上半身は重ね着で調整』

冷えを感じる人と、感じない人の皮膚表面温度を比較すると、
顏、腹、腰、手のひら、手の甲では差がなかったのに対して、
冷えのある人は足背(足の甲)、足底(足の裏)、ふくらはぎ
の表面温度が低かったという報告があります。

寒い日でも、セーターなどの厚手の衣類をしっかり着込むという
のは少なくとも暖房した室内では不適当です。
暖房が効いていると汗をかくため、汗で熱を放出してしまうだけ
ではなく、汗が乾く時にも身体の熱を奪って、かえって身体を
冷やしてしまいます。

服の服装の基本は『下半身は暖かく、上半身は重ね着で調整』
上半身の重ね着は、外気温や室温の状況によって調整できるよう
脱ぎ着しやすい前開きのものを選ぶ、マフラーや手袋を持ち歩く
工夫も大切です。

 

【実践2】入浴
お風呂で血行促進、新陳代謝の活性化、体内の老廃物や疲労物質
の除去を促す!

38~40℃前後のぬるま湯のお湯に15分以上じっくり浸かり
芯まで温まりましょう。
熱いお湯ではすぐにのぼせて短時間しか入れず、身体の表面が熱く
なるばかりで、身体の芯まで温まりません。ぬるめのお湯にじっくり
浸かることで、芯まで温まり血行が促進されます。
コツは、最初から肩まで浸からないこと。寒い冬は、肩まで浸かって
全身を温めたくなりますが、上半身だけ先に温まってしまい、冷えを
最も感じる足先が完全に温まりません。

お湯の中で足の指を動かしたり、ふくらはぎをマッサージするのも
血行促進に効果的です。
そして、入浴後は身体が冷える前にベッドに入ると質の良い睡眠を
得ることが出来ます。

 

【実践3】食事
偏った食生活では熱の生成ができずに血行不良に陥る!

野菜を食べない、米・パンや麺類などの炭水化物、レトルトやインスタント
食品ばかりという方はいませんか?
このような食生活で栄養バランスが乱れると、熱の生成に必要なタンパク質
やビタミン・ミネラルの不足が起こり、冷えを更に悪化させます。
また、偏食は貧血も招きます。

貧血によりヘモグロビンが不足すると栄養素が酸素不足で不完全燃焼を
起こし、身体を十分に温めることが出来ません。
血液量そのものが少なくなり、末梢への血液も不足し、特に手足などの
冷えの原因になります。

『身体を温める食べ物』『身体を冷やす食べ物』を知っておこう!
東洋医学には身体を温める『陽性食品』と身体を冷やす『陰性食品』が
あります。もちろん陰性食品の栄養も大切なので、加熱したり陽性食品
と食べ合わせましょう。

陽性食品:里芋・玉ねぎ・人参・ねぎ・レンコン・唐辛子・生姜・
りんご・チーズ・イワシ・マグロ・梅干し・鶏肉・牛肉などの
水分が少ない・硬い・寒い地域で育つ・赤やオレンジ色・苦味や
塩辛いもの・根菜類・赤身 等(例外もあります。)

陰性食品:レタス・トマト・なす・きゅうり・もやし・レモン・バナナ・
豆腐・こんにゃく・そば・タコ・カニ・うなぎ・馬肉 などの
水分が多い・柔らかい・暑い地方で育つ・白や紫色・酸味や甘みの
強いもの・葉菜類・白身 等(例外あります。)

参考にしながらバランスよく食べることが大事になります。
冬場は陽性食品、夏場は陰性食品を多めに食事に取り入れるように
意識してみてくださいね。

セーバー病(踵骨骨端症)の治療報告~埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.17 | Category: スポーツ障害,セーバー病(踵骨骨端症),足部の痛み,踵の痛み

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


11歳 小学6年 少年野球

去年の秋頃からの左右のセーバー病で、夏は痛みが引いていたが寒く

なってまた再発する。チームが全国大会に出るような強豪で週末の練習

は朝6時から夜6時までやっている。監督が言うには『成長痛なんて

みんな我慢しながらやっているから』となかなか休む事がが出来ない。

練習で右ふくらはぎも痛めてそれからは練習をやってない。

歩行時痛あり、ジャンプ不能。痛くて学校を休んでいる。

踵は後面の骨端線に反った圧痛が強い。練習を出来るレベルではないと

伝える。治療とセルフケアの指導をする。休めないとなかなか治らない

と説明する。

その後3日間学校に行けなかったが治療間隔を詰めてきてもらい登下校

は大丈夫になる。

5回治療後、調子が良かったので自己判断で練習に復帰するがすぐに

痛くなる。練習に参加すると、別メニューが出来ないチーム方針なので

まだ休んで治療に専念してもらう。

この患者さまも、下腿・ハムストリングス(モモ裏)、背部の筋膜ライン

の硬さが非常に強く、筋膜の癒着をリリースするのに回数がかかりました

が8回の治療で体育の縄跳びもOKになり、10回の治療でチーム練習も

OKになりました。

暖かくなるまでは再発が怖いと両親の希望もあり3週間くらいのペースで

経過確認しながら痛みを戻さないようにフォローする予定。

今だに成長痛は我慢すれば治る!というアホな考えの指導者がいますが、

その考えを強要して、大好きなスポーツが嫌いになる子供がどれだけ

いるかと思うと悲しくなります。

一人でも多くのスポーツ少年・少女を100%痛みなくスポーツ現場に

復帰させる為に今日も頑張りますyes

スポーツ障害でお困りの方は当院までご相談くださいね。

膝を伸ばすと痛い男性の症例ブログ~埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.15 | Category: 半月板損傷,膝のロッキング,膝の痛み

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


43歳会社員。酔って帰宅しソファで寝てから痛くなる。徐々に痛みは

引いてきているが完全に膝を伸ばすと内側から膝蓋骨(お皿)の下に痛み

がある。

 

仕事がら長時間の立位が多いので夕方から痛みが出やすい。整形でレント

ゲン検査を行い半月板損傷だろうと言われるが何もされなかった。

しゃがみはOK。

 

半月板損傷の治療を行い関節のアライメントと整えると完全に伸ばして

も痛みが無くなる。でもまた戻ると説明して初回は終了。

 

2回目の時に確認すると4日間は良かったがそれからはまた少し

戻っている。治療後はまた伸展OK。

 

3回目以降は週一で来て頂いたが痛みが戻ることなく仕事も大丈夫。

合計6回の治療を行い、日常生活や仕事、趣味のクライミングでも痛み

が出ないので終了とした。

 

初回治療後痛みが楽になるが、またしばらくすると痛みが戻ることは

良くあるので事前に患者さまにとお伝えしています。

繰り返し、治療を行うことで本来の位置に関節が落ち着いて動き出す

ようになり、そうすると痛みがなくなって行くのです。

 

半月板損傷を起こしていても本来の位置で関節が正常に動いていれば

痛みはありません。

 

この状態になるまでは受傷からの日数や、受傷内容によって回数が違い

ますが、継続して治療を行えば痛みは軽減していきます。

 

半月板損傷や膝の痛みでお困りの方は当院までご相談くださいlaugh

身体の冷えを放っておくと悪化の一途に・・埼玉県川越市の村上接骨院

2018.01.11 | Category: 健康ブロク,未分類

坐骨神経痛・腰痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


皆さんもご存知の通り「冷えは万病の元」です。身体が冷えると血の循環

が悪くなり、免疫力や新陳代謝が低下して、頭の先から足の先まで不調が

起こり、やがて大きな病気の引き金になります。事実、冷え性の人は病気

になりやすい結果もあります。

身体を温めて冷えを改善することは、様々な病気を予防する事に繋がって

いきます。

放っておくと悪化の一途に・・・こんな不調ありませんか?

 

★肩こり・腰痛【血流の悪化が痛みを誘発】

家事や仕事などの日常生活で同じ姿勢を長く続けていると、筋肉が緊張して

血管を圧迫することにより、血流の流れが悪くなります。すると筋肉内の

老廃物が排出出来ずに溜まったままとなってしまい、こりを引き起こします。

全てではありませんが、慢性的なコリや痛みは、血行不良によるものが多い

のです。

冷えも血行不良を引き起こす要因の1つですから、身体を温めることは、

コリや痛みの予防・改善につながります。

 

★胃腸の不調【冷えは胃腸の働きを鈍らせる】

「胃がもたれて痛む」「下痢や便秘になりやすい」という人は、冷えに

よって胃腸の昨日が落ちている可能性があります。冷たい飲食物を控え、

内側から冷やさないようにするのはもちろん、腹巻き等で外側から温め

る事も大切です。

 

★不眠【放熱しにくい身体は、睡眠の質を下げる】

人間の体温は起床とともに上がり、夜になると下がるようになっています。

眠りに入る前は、身体に溜まった熱(深部体温)を下げるために、手足の

先の血管を拡張させて血流を増やし、熱を放散します。その体温の変動を

きっかけに、身体が眠りの体勢に入っていくのですが、手足の冷えを感じ

ている人は熱をうまく逃がすことが出来ずに、質のよい睡眠が得られません。

睡眠の改善には、寝る前にお風呂に浸かり身体を温めるのが有効です。

 

★太りやすい・痩せにくい【基礎代謝に影響する冷えは、太りやすさと表裏一体】

私達の身体の中では、食べたり飲んだりしたものを速やかにエネルギーに

変え、身体の隅々まで栄養を行き渡らせ、そして要らないものを速やか排

出する「代謝」が行われています。すなわち、基礎代謝が高い人は、脂肪

を溜め込まないので脂肪燃焼が起こりやすく、老廃物を溜め込まないので

便秘知らずになります。

体温が高い人は、血液循環も良好なので、脂肪の温度が下がりにくく、

すぐに脂肪を燃焼できる体制が作れます。平均体温が1℃下がると、基礎

代謝が12%も下がります。これでは同じカロリーを摂取していても体温の

低い人ほど摂取したカロリーがその後消費されず、脂肪や老廃物として

溜め込まれてしまうことになります。

冷えによる不調は頭から爪先まで!

 

これらはほんの一例であり、「冷え」はすべての不調の根源、大病の入り

口と言っても過言ではありません。

自覚がある方は、これ以上の悪化や新たな不調が出る前に、一度生活習慣

を見直してみることをオススメします。

次回の健康ブロクでは「冷えから身を守る対策!」今日から意識して

やってみましょう!をお伝えします。

 

慢性的に腰や膝が痛い、坐骨神経痛があるという人は特に身体を温めて、

そして当院に治療に来てください。

 

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭