TEL Line

スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2018 5月の記事一覧

膝の内側が痛い原因について【ひざの痛み専門】埼玉県川越市村上接骨院

2018.05.11 | Category: ジャンパー膝,半月板損傷,膝のロッキング,膝の痛み

腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

 

以下の症状でお困りではありませんか?

 

・長年膝の痛みに耐えながら生活している

 

・ただ寝ているだけなのに膝が痛むことがある。

 

・外来リハビリや、整形外科に通院しているがよくならない

 

・膝の内側が痛い

 

・安静にしていても痛みが出る

 

こういった方はそのまま読み進めてください!

 

▼膝の痛みは放っておかないように!

膝の痛みが見られる場合、痛みの他にも膝の動きが悪くなったり、

腫(は)れや熱感をともなったり、身体の他の箇所にも異常が発生する

など、実に様々な症状が現れるケースが多いです。

ここではそういった各種症状について、身体の部位や特徴ごとに

まとめてあります。さらにそれらの症状を引き起こしうる病気や障害に

ついても調べることができます。

 

▼膝の痛みの原因

膝の痛みを引き起こす原因となるものには、スポーツや運動による

膝の使い過ぎ、事故などによる膝の外傷(ケガ)、立ち仕事や荷物

運搬など日常生活での膝への負担、加齢に伴う骨の老化、膝関節

の異常を伴う病気など様々です。

ここでは、痛みの原因を主なものに大きく分類し、具体的な病名・

外傷名を一覧表示して簡単な内容説明も加えています。

 

▼場所別の痛みの原因として考えられるもの

(変形性膝関節症などの診断を受けていない場合の予測です)

 

①膝の内側の場合

 ランニング中や階段を上っているときに、膝の内側からやや下に

かけて痛みを感じたら鵞足炎(がそくえん)の可能性があります。

鵞足炎はサッカーやランニング、水泳などスポーツでの使いすぎが

原因と言われていますが、実際には悪い使い方で使いすぎたことが

原因と言う方が正しいかもしれません。また、スポーツをしていなくても、

足を組んでしまう、内股になりやすいといったクセがある方にも鵞足炎

は起きやすいです。

 

②膝の外側の場合

走っている時、走り終えた時、患部を指で押した時などに痛みを感じる

場合は腸脛靭帯炎の可能性があります。初期は膝の外側が緊張する

ようなきしむような違和感や痛みを感じます。ランニング後などに痛みが

現れ、休むと治まります。症状が進行してくると、痛みは徐々に大きくなり、

なかなか治まらなくなって慢性化します。

重症化すると痛みで膝の曲げ伸ばしが困難になり、膝を伸ばしたまま歩く

といった状態になります。痛みが発生するタイミングは、足が曲がった状態

から伸ばした時です。ランニングなら地面を蹴った時になります。膝が伸び

ないという方は膝関節周囲の筋肉の柔軟性低下をきたしていると思うように

してください。

 

▼安静時にまで痛みが出る方は・・・

靭帯や骨などの組織が損傷しておらず、安静時に膝が痛いという方は早めの

受診を検討されてください。痛みの程度にもよりますが、関節の内圧が高い

状態かもしれません。それは炎症反応があるということです。膝は手と違って

ほぼ一日中動いています。少し普段より腫れていないかなど日々のチェック

とケアは必要です。

 

▼当院での治療

当院では全身状態を整えることで体の負担を分散させたりすることが出来ると

考え、身体の骨格のバランスを整えるために、背骨・骨盤矯正を行います。

また、長期に痛みがある場合、関節周囲の組織の癒着もありますので、その

癒着を剥がして円滑な組織の運動が出来るようにします。

痛みと身体の骨格にフォーカスした治療で、安静時よりも早期に痛みを取り

除く事が可能になります。まずは手術をするにしろ自分の体を整えてから行う

べきです。そうしないと痛みが再発するという研究データも出ているようです。

 

▼手術を検討中の方

今後、手術を検討しているか。もう一度考えてください。民間療法でも膝関節

の痛みはとれます。

当院ではお客様の自然治癒力の効果を高め、自分で自分体をコントロール

することが可能となります。

 

▼膝が曲がってしまっているから通院しても一緒と思わないでください

膝が曲がらない理由を探し出し、なぜそうなっているのかを考え、治療を

行います。

当院では多くの膝痛患者様に来ていただいています。

あなたもぜひつらい毎日から逃げ出しましょう。当院での治療を希望する

方はお気軽にお電話をどうぞ!

是非お待ちしてます。

紫外線対策は5月から!

2018.05.10 | Category: その他,健康ブロク,未分類

坐骨神経痛・ひざ痛、スポーツ障害専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!

 

 ★紫外線対策は5月から~紫外線が身体に及ぼすダメージとは?★

ぽかぽか陽気に爽やかな風、新緑が眩しい5月になりました。とっても気持ち

良い季節なので、お外で身体を動かしたいですよね♪

今回は、この時期から気を付けておきたい「紫外線」についてのお話です。

 

 紫外線対策は5月から

5月の紫外線量は夏と同じなんです!
紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い
光を指します。UVと言うのは、紫外線を英語で言ったUltla Violetの略です。
紫外線はUV-A、UV-B、 UV-Cの3種類に分けられ、そのうちA、B波が地球
に届きます。
紫外線と言えば太陽が照りつける夏のイメージですが、1年を通して降り注いで
おり、特に5月から急激に増えているのです。
美容や健康に影響する紫外線は、この時期からの対策が必要になってきます。

紫外線が体に及ぼすダメージとは?

紫外線が私たちの身体に与える影響にはたくさんあり、日焼けはもちろん、
熱中症引き起こしたり、老化の進行を早めたり、免疫力の低下など様々です。
中でも特にダメージを受けやすいのは【肌】と【目】です。

 ◆肌への影響(シミ、しわ、たるみ、皮膚がんなど)

紫外線は皮膚の細胞にダメージを与えてシミやしわなどの原因になります。
これらを「光老化」といい、最近では慢性の紫外線傷害として区別されていま
す。最も怖いのが紫外線による「皮膚癌」です。皮膚細胞のDNAが紫外線を
吸収し、そのエネルギーによりDNAの一部が損傷します。傷ついたDNAは
修復されますが、何度も傷つけられると修復の過程でエラーを起こしがん化
を引き起こすと考えられています。

 ◆目への影響(角膜炎白内障、浴場編など)

目に強い紫外線を浴びてしまうと、黒目の表面に傷がつき炎症が起こり、充血
や目の痛みなどの症状が現れる「紫外線角膜炎」になります。
また、紫外線によって目の中の水晶体のタンパク質に変化が起こると
「白内障」になり、症状が重症化していくと失明の危険性もあります。
紫外線はその他にも様々な眼病を引き起こす原因となるため、目を守る対策
しなければなりません。

◆悪影響だけじゃない!! 適度な紫外線は必要です。

紫外線は「体にとって害」という認識が強く、上記の通り様々な健康被害を
起こす要因になるため、対策が必要なのも事実ですが、その全てが良くない
と言うわけではありません。
例えば、骨を丈夫にするために必要なビタミンDを作ったり、自律神経を
整えたり、新陳代謝を促したり、「適度な紫外線」は健康にとって不可欠な
存在です。
日焼けするほどの紫外線を浴びる必要はなく、日陰で数十分過ごしたり、
手の甲くらいの面積を数十分当てる程度でも良い効果が得られるそうです。
紫外線対策をしっかりした上で、上手に付き合いましょう。
~良い所~
・明るさや暖かさ
・生体リズムの調整
・結構良くする
・神経や筋肉の緊張緩和Vitamin Dの生成
・カルシウムの吸収促進
・新陳代謝の促進
・殺菌  などがあります。
いかがでしょうか?
紫外線対策は必要ですが、必ずしも「紫外線=悪いもの」ではないのです。
次回は紫外線対策と上手な付き合い方についてお話しますね。

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');