TEL Line

スポーツ障害や腰痛、坐骨神経痛の整体治療なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2018 7月の記事一覧

腰痛はストレッチをすれば治る?【川越市腰痛なら】村上接骨院

2018.07.30 | Category: 座骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


腰痛をお持ちの方でこんな経験された方いませんか?

・痺れて足が痛い。朝礼中に立っておくのもしんどい

・一日中デスクワークをしていると夕方には痛みが強くなっている。

・最近靴下を履くのも億劫になった。基本的には休みの日は寝ている。

・朝起きると腰がだるい

 

腰痛は身体的痛みに加え、「動きたくない」「外に出たくない」など精神的

にもボロボロになります。特に日本人は仕事に対して真面目であり、少々の

腰痛であれば我慢して仕事に行く方も少なくないでしょう。「痛み止めを

飲んでいこう」「コルセット・サポーターをつけて仕事をしています」

このような方をたくさん診てきました。

 

腰痛はなかなか治療が難しいと言われています。なぜかというと原因がはっき

しないからです。腰痛治療に関して日本では痛み止め、シップ、コルセット

一番多いでしょう。

しかしこれら全てはその場しのぎの方法でしかないため根本的に腰痛が治る

わけではありません。そこを勘違いして痛み止めをもらいに行ったりする方

が多いのが現状です。

 

▼自分で腰痛の痛みを緩和できる方法があります

 自分の痛みは自分が一番知っていますよね?どの動きをすると痛むのか脳が

が理解し、その動きはしないように体に信号を送ります。しかし、痛みに過敏

状態が続くと、筋肉が緊張し、余計に痛みが強くなることもあります。その

ため、筋肉が緊張しない状態を作り出すストレッチが自分で出来る唯一の治療

であると思います。

簡単にできる治療としてセルフストレッチは知られています。腰痛は日々の

慢性的な姿勢不良による筋肉のバランスが悪い状態、もしくは筋肉量が低下

している状態が多いです。一度、その悪い姿勢になれると改善はなかなか

難しいと言われています。ですが毎日ストレッチを定期的に行うことで少し

ずつですが改善する傾向にあると言われています。

 

ストレッチをすることで普段使っていない筋肉の柔軟性を改善してあげる

こと、健康改善を促し疼痛の緩和の図る事は可能です。一例としてですが、

足に痺れがあった人がお尻のある部分のストレッチをするだけで劇的に

痛みが取れた例もあります。やらないよりはやった方が絶対いいです。

 

 ▼ストレッチは効果がある!しかしそれだけでは完治するのは難しい

ストレッチを定期的に行うことで大方、痛みの緩和を図れます。しかし、

元々、腰が痛くない状態から、痛みが出るようになった本当の原因は何

なのかわかりますか?

 

  • 痛みが無い状態

     ↓

  •  ???

     ↓

  • 筋肉が緊張する

     ↓

  • 動きが固くなり、体への負担が増える

     ↓

  • 少しの負担が積み重なり爆発する(ぎっくり腰)

 

この「???」の部分に入るものが本当の原因です。お分かりですか?

正解は「姿勢の変化」です!!猫背や反り腰といった姿勢の崩れ、体の

骨格の歪みが腰痛を引き起こす最大の要因です!そのため、いくら注射

したり、痛み止めを飲んでも痛みは消えません。またストレッチで痛み

が減っても、姿勢の歪みを改善しなければ痛みが繰り返し怒ったりします。

 

 

 ▼痛みに耐えられない人、早く痛みを取りたい人はぜひ当院へどうぞ!!

腰痛は画像診断で明確に証拠が出ないものがほとんどです!9割近くは

非特異性の腰痛です(原因がわからない腰痛の事です)。痛み止めや注射、物理

療法では一時的な効果しか期待できません。病院でレントゲンをとっても

わからないことはいっぱいあります。何もわからないまま治療を受けるのでは

なく、治療をすることで腰痛が持続的に軽減するのかを考えるようにしま

しょう。

 

当院では、治療の前に、あなた自身の体を視診、問診、触診などを行い、体の

どの部分が腰痛を引き起こしているのかを評価し、それに合った治療を行い

ます。

整体と聞いてボキボキハードなイメージを持っている方もいるかもしれません

安心してください!一切、そのような荒治療は行いません。気になる方は

当院のホームページを参照の上でご連絡ください。ぜひお待ちしています。

 

曲がらない膝の痛みについて【川越市ひざ痛専門】村上接骨院

2018.07.30 | Category: 半月板損傷,未分類,膝の痛み

ひざ痛・腰痛・坐骨神経痛専門治療院の

埼玉県川越市村上接骨院です。

その痛み、決して諦めないで! 私におまかせ下さい!!


 

こんにちは!先日、治療中の会話で「私の母が膝の痛みがすごくて歩けない

状態なんですけどどうしたらいいですか?」と質問を受けました。特に曲げ

たら痛みが強くなり普段はほとんど動かなくなりましたとおっしゃってました。

膝は前後方向の動きだけだから単純そうだと思われがちですが、かなり奥が

深いです。今日はそんな膝に関するお話です。

 

 ▼膝の痛みはいつ出現している?

膝の痛みといっても、いつどのタイミングで膝の痛みが出現するかに注目

してください。

一番多いのは「曲げたら痛みが出ます」という意見がダントツです!例えば

仕事や日常生活のにおいて“曲げる機会”が多くありませんか?

・重いものを持って階段を上り下りしている

・和式トイレや布団で寝ているといった生活が和式スタイルである

・正座をする機会が多い etc…

 

このような方は要注意です。というのも膝痛を訴える方で、「安静にしている時」

と答える方はあまりいらっしゃいません。何らかの作業や動作の中で痛みが出る

と訴える方が多いです。

 

▼痛みの原因究明って案外雑なのかもしれません

整形外来に通ってレントゲンを撮ったことありますか?レントゲンは骨の状態

を見るのに最適ですが、骨折(軽度なもの、俗にいうヒビが入っている状態)の

所見が無い場合、大半は“変形性膝関節症”と言われることが多いです。お医者

さんは一日に何十人も診察をしなければなりません。よほどの救急を要する

患者様以外は鎮痛剤とシップの処方が多いかと思います。特に見た目では

なんら普通の人と変わらない人が「膝が痛いです」といっても入念にチェック

するというのは案外少ないのが現状です。そこで、リハビリなど通院していく

中で原因を探っていく方向性に多くの人はなっていきます。

 

 ▼膝痛の主な原因と対策

ここが一番気になるポイントだと思います。曲げるといって

「いつ」「どのタイミングで」というのを考えてみてください。

 

・曲げ始めで痛みが出る~曲げる途中で痛みが出る。

まず赤く腫れたりして炎症を起こしている場合があります。関節内では曲げた

伸ばしたりする際に“圧”が変化します。わずかな圧の変化で痛みが出現して

しまいます。

また膝関節には半月板という組織が存在します。曲げ伸ばしする際に半月板に

ストレスがかかってしまいます。これは整形外科テストにて鑑別します。

・深く曲げると痛い。

この訴えの場合は、いくつか原因が考えられます。

まず上記で述べた腫脹がある場合です。深く曲げる動作では関節内圧が最も

上昇するため痛みが出現します。

その次に考えられるのは膝蓋骨(膝のお皿)によるものです。膝蓋骨には大腿

四頭筋(太ももの筋肉)・膝蓋腱が付着しています。膝を曲げていくにつれて

膝蓋骨が大腿骨に圧迫するようにストレスがかかるため痛みが出る方もいます。

また膝蓋骨自体の動きが悪いケースもあります。

関節構成体自体に問題があるケースもあります。

膝を曲げる際に伸びる組織は大腿四頭筋、膝蓋大腿靭帯、前方関節包などが

あります。

これらが短縮し伸張痛が出現していることがあります。長年、膝を患っていて

思うように曲げられなくなると、この筋肉や靭帯などが固くなり、それが原因

で余計に曲げられなくなるという悪循環に陥ります。

 

その他にも様々な要因が考えられます。きちんとした診察(問診や触診)を

しないと間違った治療を一生続ける事になってしまうので注意が必要です。

 

 ▼当院では・・・

上記のケース以外でも触診にて様々な角度から痛みの原因を追究していきます。

また膝の痛みも体の他の部分にアプローチをする事で劇的に改善する事もあり

ます。

私の場合ですと、インナーマッスル(体の内側の筋肉)にアプローチを行ったり

します。これで治る方結構いらっしゃいます!!

 

 ▼長年、辛い膝痛でお悩みのあなた

確かな信頼と正確な技術で膝を診察、治療させていただきます。

「もうどこに行っても治らないわ」と諦めている方、ぜひ一度、当院で診察

してみませんか?

当院のホームページをご参照の上、ご連絡ください。

お待ちしてます!!

 

当院へのアクセス

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭

ga('create', 'UA-70428023-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');