TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2018 12月の記事一覧

起立性調節障害ってご存知ですか?

2018.12.12 | Category: 自律神経失調症,起立性調節障害

起立性調節障害ってご存知ですか?

 

最近、注目されている起立性調節障害って知っていますか?近年では、TVゲームをしたり、スマホやパソコン、タブレットなどの普及により夜更かしをして次の日起きれないなんて当たり前という子が多くなってきました。そこで注目されているのが起立性調節障害です。一見、そこらへんにいる他の友達と変わらないのに動悸や発作症状がでてしまいます。

以下の症状に当てはまりませんか?

・食欲がなく朝食を食べない。

・朝すっきりと起きれない。

・動悸や息切れが普段からよくおこる。

・入浴時に気持ちが悪くなる。

・イライラしやすく集中力が低下している。

・しっかり寝ても疲れが抜けない。

・午前中は調子が出ない。

・目まいがする。

この起立性調節障害は特に中高生に多くみられます。思春期で夜更かしをするからとあまり深く考えずに放置すると症状が悪化して日常生活または社会生活に支障をきたす恐れがあります。自分の子供もそうじゃないかな?と考えてみるようにしましょう。

 

起立性調節障害の治療について。

起立性調節障害は言わば「身体と心のバランスの乱れ」です。うつ病などと混同される方がいますが、起立性調節障害は治療にて改善が見込める疾患です。しかし服薬だけでは治りにくく、体の不調を改善することが完治への一歩となります。

起立性調節障害を改善させるための3つのポイント

1,血行改善を図る

起立性調節障害は自律神経といって「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく作用せず乱れた状態です。これにより体内の血流に偏りが見られ循環障害が起こります。この循環障害を改善させる必要があります。治療としては、循環障害は筋肉のこわばりや骨盤のゆがみなどから起こります。そのため各関節・背骨や骨盤の調整を行い循環障害へアプローチしていきます。

2,姿勢を改善する

1でも話しましたが、姿勢の改善は体の調子を整えるために重要な治療です。起立性調節障害では多くの患者様が猫背になっていること多いのです。自分のお子さんは猫背じゃありませんか?スマホが普及し、人間はやや下方を向いていることが多くなりました。そのため首~肩甲骨周囲、背部の筋肉が緊張した状態が続き血行不良を起こし結果として猫背やその他の姿勢不良に繋がります。

3、脳内へのアプローチ

自律神経の乱れと上部で話しました。この自律神経を調節している部分は視床下部という部分です。感情のコントロールや食欲などを調整する場所です。

この視床下部の働きが鈍る事により、自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなり、朝起きられなかったり頭痛が出たりします。姿勢調整を行うことで循環改善を図り、脳内へ血流が滞ることなく流れる体にしていきます。

 

起立性調節障害はしっかり治療すれば治ります。

体と心の調節を治療でしっかり行えば、みるみるうちにお子様が元気になっていく姿が見られます。治療に関してですが、苦痛を伴う治療ではなく、リラックスした状態で行いますのでされてる本人は「ほとんど何も感じない」ぐらいで調整をしていきます。たまにそのまま寝てしまう方がいるくらい痛みもなく治療していきます。学校生活に支障をきたす前に少しでも疑いがあるのであれば検査や治療を受けることをお勧めします。特に、起立性調節障害の約3割が不登校になるというデータも出ています。

まだまだ本当に良くなるのかとご不安だと思いますので、よければ一度相談のご連絡をお待ちしております。

走るとスネが痛い!シンスプリントの治療について

2018.12.07 | Category: シンスプリント

こんなシンスプリントの症状にお悩みではございませんか?

・スネの内側が痛む

・走ったりすると痛む

・スネの内側を押すと痛む

・少し休んでも練習を再開するとまた痛みが出てしまう

正しい治療を行えば数日~数週でシンスプリントは完治することが可能です。しかし間違った考えや治療法をしていると治るどころか疲労骨折に繋がるケースがありますので注意が必要です。

 

シンスプリントの治療

シンスプリントと聞いても、冷やせば治ると考える方がたくさんいます。また安静にしていたらそのうち消えると思っている方も多いようです。使いすぎた分休めばいいと教わる方も多く、一般的に病院を受診してもシップや痛み止めの処方・安静やマッサージが多いのが現状です。痛み止めを処方され仮に痛みが治まっても、また走ったりすれば痛みが出てきます。またただ安静にしていてもその時はいいですが練習を再開すれば再び痛みが出てくるでしょう。それは痛みに対する対処療法しかしていないからです。痛みの根本が炎症だけならそれでいいかもしれませんが、炎症が起きた原因が体のほかの部分にあるとしたら、その原因に対して治療をしないと改善していきません。繰り返し再発してしまう方は特に入念に治療をする必要があります。

シンスプリントの原因

世間ではオーバーユース(使い過ぎ)が原因と言われています。それも間違いではないかもしれません。しかし、あなたと同じ練習をしているほかの方も発症していますか?同じ練習量ならみんなが発症してもおかしくありませんが、そうではありませんよね?毎日のように練習することで筋肉はものすごい負担をかけています。すごいスピードで筋肉が伸びたり縮んだり、骨についている筋肉にストレスがかかります。しかし、それでも発症しない人がいるというのは、その部分に負担がかかるような体にバランスになっていることも原因の一つであるからです。

一番多いのは姿勢の歪み

姿勢が歪むと筋肉が普段発揮する力が発揮できなくなり、ある一か所の筋肉に余計に負担がかかりやすくなります。そうしたことで、シンスプリントをはじめとする様々な疾患を招いてしまします。シンスプリントを発症しやすい人は特に膝がO脚やX脚になっていたり、偏平足だったりする方が多くみられます。逆に、姿勢を整えることにより、シンスプリントを予防することは可能です。

最終的に完治するのか、また再発しないようにできるのか

シンスプリントは完治が可能です。しかし、これに気づかずにただ安静にしているだけでは再発を繰り返すことになります。痛み止めやシップでは痛みの根本にはアプローチできないという事を頭に入れておいてください。痛みに治療を行うのではなく、痛みの根源にアプローチする必要があります。

効果的な治療法

痛みのある部位に過度に負担がかからないように体全体のバランスを調整します。そのうえで動きにくくなった関節の動きをスムーズにし動きやすくしていきます。

①体のバランスを整える

②身体全体の関節の動きをよくする

③患部の炎症を解消する

④骨盤の調整

⑤足の調整

これらの治療を行い、根本からシンスプリントにアプローチしていきます!

改善しないシンスプリントに悩む方へ

痛みで練習が出来ず、とてもつらいと思います。練習ができないばかりに試合のメンバーから外されたり競技に参加できないなどの悩みを抱えているのではないでしょうか?心因的な要因はパフォーマンスの低下に繋がります。しっかりと問題を解決してあげれば、今までの通りに思いっきり走ることが出来るようになります。

シンスプリントは治ります!

・シンスプリントの痛みは姿勢の歪み由来のものがほとんどである。

・シンスプリントに対して対処療法をしているだけでは再発の可能性が十分ある

・シンスプリントは股関節や膝関節の調整を行うことで劇的に改善することがある。

これらの事をしっかり理解し適切な処置を行うことで改善を図る事は可能です。シンスプリントでお困りの方は一度御来院ください。お待ちしています。

眼精疲労は整体で治す!

2018.12.05 | Category: めまい,自律神経失調症

眼精疲労とは?

眼精疲労は簡単にいうと「目の疲れ」です。では目薬でも打ってれば治るのか?そうではありません。眼精疲労は一般的な目の疲れとは違います。眼精疲労は目の疲労が原因で、日常生活に支障が出たり、体の各所に悪影響を与えているものを指します。また、その原因が、精神的なストレスが関係しているものを眼精疲労と呼んでいます。目の疲れだからしっかり睡眠をとればいいと思われがちですが、眼精疲労の場合、十分な睡眠をとっても症状が軽くなりません。毎日目が疲れる、目に負担のかかる仕事をしているという方、日々の積み重ねによって眼精疲労に移行する可能性は十分あるということを知っておいてください。そうならないためにも日々のケアは大切です。

眼精疲労の症状

1:目の症状

以下のような症状が出やすくなります。

・目が充血する

・目がしょぼしょぼする。

・すぐに目が疲れる。

・目がズキズキ痛む

・目が乾く、涙が出る

・まぶたが重く感じる

・視界がぼやける

・目の焦点が合いづらい

・いつもより余計にまぶしく感じる

目の症状に加え、光に過敏になり、見え方が普段と違うような症状も多く見られます。痛みや見え方に変化が無い場合、目薬で対応してしまう人が多いのは、眼精疲労ではなくても似たような症状が一般的に出てしまうためです。判断が難しいですが、目薬で改善が見られない場合は疑う余地があります。

2:目以外の体に出現する症状

眼精疲労は目だけの症状でとどまりません。以下のような症状も併せて出現する事があります。

・肩こり

・頭痛

・めまい

・吐き気

・倦怠感

・首~肩~背中の痛み

・手足のしびれ

・胃もたれ・胃痛

・食欲不振

眼精疲労自体による精神的ストレスが関与している事が多く、無意識に首や肩などに緊張が入ったりすることでこのような症状が出現します。これらの症状が同時に出現すると、日常生活や仕事において支障をきたすことは十分考えられます。早めに対応するようにしましょう。

3:精神的ストレス

生活するうえで、視界からの情報はかかせません。少し、見えにくくなったり、目が疲れやすかったりすると精神的に負担がかかります。それにより

・不眠

・イライラ

・不安障害

・抑うつ状態

などの精神的なダメージを受けてしまいます。単純な目の疲れとは違い、眼精疲労はこのような様々な症状を引き起こしてしまいます。日々の仕事でどうしても目に負担がかかるという方も、可能な限りしっかりと治療に専念できる環境を作りましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労は急性的な疾患ではありません。慢性的に目に負担がかかることで発生します。

・元々視力が低く、近視や乱視がある

・長時間デスクワークをする環境に身を置いている

・睡眠不足

・食生活の乱れ

・眼鏡やコンタクトレンズの調整不足(1DAYのコンタクトレンズを使いまわししている)

・カラーコンタクトレンズをよく使う

・白内障や緑内障など目の病気を持っている

普段から、目に負担がかかることをしている方ほど発症しやすく、特に、現代ではスマホやタブレットを見ている時間が長くなり眼精疲労になる方が増えています。最終的には生活習慣の乱れも関与している事が多いのは、仕事で帰りが遅くなったりすることや、ネットサーフィンが当たり前になってしまった時代の背景も関係しています。なるべく目を休める時間を作ることが眼精疲労にならないために必要な事です。

当院での治療について

眼精疲労は目の病気ですが、体全体に不調のサインが現れます。まずは、体全体のストレス(各所の痛みや緊張)を緩和していきます。視神経は脳神経と密接な関わりがあるため、体をリラックスした状態にすることで不眠が改善され、結果的に目への負担を減らすことにも繋がります。目だけを治すのではなく頭や体全体を調整していく治療を当院では行っております。ぜひ眼精疲労でお困りの方はお越しくださいませ。

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭