TEL Line

スポーツ障害治療 | スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

スポーツ障害治療

川越でスポーツ障害・スポーツ整体なら、村上接骨院がおすすめ!

村上接骨院では、スポーツ障害の施術や、スポーツ整体が人気でおすすめです。膝痛、ランナー膝、ジャンプ膝、シンスプリント、オスグッド、足首の痛み、足首捻挫、股関節の痛み、腰痛、ゴルフ腰痛、背中の痛み、肩の痛み、野球肩、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、手首の痛み、腱鞘炎など様々な症状に対応しております。

スポーツ障害とはスポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。したがって、初期の段階で正しい処置をすることが、最も大切になります。無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなる事もあり、手術等までいってしまうと本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいますので、早めに埼玉県川越市の村上接骨院の専門施術で治癒させましょう。

よくあるスポーツ障害は、野球肘、疲労骨折、シンスプリント、ジャンパー膝などですが、これらは、埼玉県川越市の村上接骨院にてしっかりとケア・予防をすれば、発症する確率は確実に低くなるかと思います。当院は施術だけではなく、「怪我のしにくい身体作り」を目指しておりますので、予防トレーニングからセルフケアの仕方まで多岐に渡って指導させてもらいます。現在スポーツ障害やスポーツパフォーマンスの向上を考えているアスリート・繰り返しの激しいトレーニングで故障がちなスポーツ選手で、川越市やふじみ野市治療院・整骨院をおさがしならば、お気軽に埼玉県川越市の村上接骨院までお問い合わせください。

スポーツ障害とは?

スポーツで生じる身体の故障には、瞬間的な外力によって起こる「スポーツ外傷」(骨折、脱臼、捻挫など)と、身体に過度の負担が繰り返しかかることによって、痛みなどの症状が慢性的に現れる「スポーツ障害」があります。スポーツ障害は早期に対処しないと重症化して、関節が変形したり骨が分離したまま直らなかったりと、日常生活に支障を生じることがあります。ただし、厳密に区別せず、スポーツ外傷とスポーツ障害を総称してスポーツ障害と呼ぶ場合もあります。

中高生にスポーツ障害が起こりやすい?

成長期にはまず骨が成長し、筋肉がそれを追いかけるように身体が作られていきます。男子の場合は高校1~2年生、女子は中学3年生ほどまでが成長期です。この時期の骨は、両端が軟骨になっていて、骨端線と呼ばれる部分から骨が伸びていきます。そのため、骨、関節は成人と違って構造的に弱く、強いけん引力、圧迫力が繰り返し働くと、傷ついたり変形したりして障害が生じやすいのが特徴です。

代表的なスポーツ障害

中高生のスポーツでは、野球選手には投げ過ぎによる肘の障害である、野球肘が特に多く見られます。野球肘には、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)の2種類があります。走ったりジャンプしたりするスポーツでは、膝蓋(しつがい)靭帯が脛骨(けいこつ)付着部からはがれて骨が出っ張るオスグッド・シュラッター病の発症率が高いです。前十字靭帯損傷も非常に多く、特に女子の場合はX脚が原因となるので、普段の姿勢から気をつけましょう。

スポーツ障害の応急処置

スポーツ中にケガをした際、その直後にいかに適切な処置を行ったかどうかで、その後の回復状況を左右する事があります。捻挫・打撲・脱臼・骨折などほとんどの外傷に対してRICE処置が基本になります。R=Rest(安静)、I=Ice(冷却)、C=Compression(圧迫)、E=Elevation(挙上)を意味します。いきなり、ケガをした部位に湿布薬を貼るのではなく、まず最初にこの処置をしっかり行うと痛みと腫れを抑え、回復を早めることが出来ます。あまりに痛みが激しい場合は、鎮痛剤を飲んで痛みを和らげても良いでしょう。この種の薬には、痛みを和らげるだけでなく、腫れをひかせる作用もあります。
RICE処置のあとしっかり固定をすることも忘れないで行いましょう。シーネと呼ばれる添え木〔副木)などが効果的です。その際、テーピング、弾性包帯(バンテージ)などを使用する場合は、締めつけすぎないよう注意して巻いて下さい。後から腫れてきて神経麻痺や血行障害を起こすことがあります。

 R=Rest(安静)

患部をしっかりテーピングや弾性包帯(バンテージなど)で固定し、安静に保つことが大切です。腫れや痛みが強いときは骨折の疑いがあります。添え木(副子)などで固定しましょう。受傷した直後の『固定』『安静』を怠ると、損傷を悪化させ、回復を長引かせる原因になります。

 I=Ice(冷却)

ほとんどの外傷で腫れや内出血を生じます。冷やすことでこれらを最小限に抑えることができます。ビニール袋に氷を入れ、患部に広い範囲に当てるのも良いのですが、足首や手首の捻挫などは、バケツに氷水を入れ、その中に直接足や手を入れて冷やすのも効果的です。(この際凍傷を起こさない様に注意が必要です)

 C=Compression(圧迫)

圧迫も冷却と同様に腫れや内出血を抑えるのに効果的で、冷却の際同時に患部にパットを当てたり包帯を巻いて圧迫しながら行うと良いでしょう。この際、弾性包帯などをきつく巻きすぎないように注意しましょう。

 E=Elevation(挙上)

ケガをした場所には、血液やリンパ液が集まってくるため腫れを生じます。患部を心臓より高い位置に置くことで解消されます。足首などの場合、寝るときに足の下にクッションなどを入れて足を高く保つようにしましょう。

ケガをした日や腫れがひどいときには、お風呂に入るのは控えましょう。身体が温まることで血行が良くなり、かえって腫れがひどくなってしまいます。ぬるめのシャワーを浴びる程度にしておいて下さい。飲酒も厳禁です。
症状が軽い場合は応急処置後、湿布薬などで回復しますが、その後もあまりに痛みが激しかったり、腫れがなかなかひかない場合は骨折の可能性があります。そんな時は病院や整形外科へ行きレントゲンを撮ってもらいましょう。

スポーツ選手(アスリート)に多いケガページ

⇒シンスプリント

⇒ジャンパー膝

⇒踵の痛み(セーバー病)

⇒オスグッド

⇒半月板損傷

スポーツ障害(アスリート治療)に関するコラム

⇒スポーツ障害治療コラムはこちら

 

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭