TEL Line

起立性調節障害治療の感想 | スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 自律神経失調症,起立性調節障害 > 起立性調節障害治療の感想

起立性調節障害治療の感想

2019.01.25 | Category: 自律神経失調症,起立性調節障害

起立性調節障害 治療の感想

17歳 高校2年

中学生の時にサッカー部でシンスプリントの治療に通院していた。現在高校2年生。部活はやってない。

高校1年の10月に起床時の胃の気持ち悪さやふらつき、頭痛などを訴えて学校に行けなくなる。1ヶ月半休んで進級が怪しくなってきたので、お母さんが無理やり学校に連れて行ってテストを受けて何とか進級する。

 

2年になって春夏と大丈夫だったが11月の中旬あたりからまた症状が現れて学校に行けなくなる。症状は午後には回復する。血液検査などもするが異常なしと言われる。医者にはいろいろ薬をもらって飲んでいるがまったく効かない。

起立性調節障害の症状ですと説明する。

 

今回の症状はどこに原因があるのか?それを調べるために当院独自の検査を数種類行います。

特に反応があったのは【脳の疲労】。

 

スマホ社会の今はどこにいても、様々な情報が否が応でも入ってきます。

 

脳はその情報を処理しているので、考え過ぎや心配性などの正確の人は脳の情報処理能力が限界値を超えてしまいパンクを起こしてしまいます。その状態が続くと脳疲労の状態になり、脳からの司令がうまく身体に伝えられなくなり自律神経の不調が発生してしまうのです。

脳疲労を解消するポイントが身体にありますのでその部位をメインに骨盤や背骨・頭蓋などを調整します。

 

3回の治療後から学校に行けるようになり、その後間隔を明けながら治療をして計8回の治療でも全く症状が出ないので終了としました。

 

軽快までの回数は個人差がありますが、起立性調節障害は日常生活や栄養不足の見直しと、施術で回復するものです。

・学校に行きたいのに、朝起きられない

・朝になると頭痛や吐き気、気分の悪さなどが起こる

・午後から夕方になると症状が楽になる

などの症状は起立性調節障害の可能性が高いです。

起立性調節障害でお悩みの方はご相談ください。

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭

グーグルマップご利用は地図をタップしてください