TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > めまいの記事一覧

自律神経失調症を治すには生活の改善を図る必要がある!

2019.01.22 | Category: めまい,不眠症,自律神経失調症,起立性調節障害,頭痛

自律神経は体のあらゆる機能を調整する役割を担っています。めまいや頭痛、倦怠感などを始め、多くの不快症状が体に現れるのが自律神経失調症です。この病気の恐ろしいところは初期段階での精査が難しく、ある程度たってから異変に気付くパターンがほとんどです。そして原因に関しても、心理的要因や身体的要因、環境的要因などが複雑に絡むことで発症するため治療も難航しがちです。

 自律神経失調症と診断された方はどのような治療を行っていますか?そして、効果は得られていますか?ネガティブになりやすい病気のため、治すまでに苦労しますが、私生活の中で改善するためのポイントがあります。体の負担にならない範囲で行うことが前提です。

 

●生活習慣の改善がまずは第一歩

 自律神経失調症の方はどちらかというと私生活でストレスを溜めやすく閉鎖的な方が多いです。また、リラックス効果の期待できることを怠っている事がよくあります。いくつか改善ポイントを説明します。

1:普段の移動に徒歩を追加する。

 通勤でほとんど方が車を使うか公共交通機関を使うと思います。実は自律神経失調症に有酸素運動は効果的です。軽めのジョギングをしてもいいですし、それが難しい方はウォーキングを取り入れてみてはいかがでしょうか?ただし疲れない程度にとどめる必要があります。かえって体に疲労を蓄積してしまうとよくないため、調子を見ながら可能な範囲で取り組んでみましょう。

2:入浴は入眠の1時間前がベスト!

 最近では、浴槽に入らずにシャワーで済ませる人が急増しています。浴槽につかることでリラックス効果も期待できますし、体の疲労回復にも効果があります。入浴剤でリラックス効果を向上させることも可能です。また寝る前の1時間で入ると、体が温まった状態で就寝することで寝つきが良くなるというデータが出ています。自律神経失調症は交感神経優位の状態です。リラックスした状態を作り出すことは副交感神経の働きを促進するため非常に重要でもあります。

3:ストレスを発散する

 日頃の生活の中でストレスを感じることは多々あります。そしてそれを誰にも相談できない環境にあるとストレスが溜まり、自律神経失調症に発展してしまいます。ストレスの発散方法は人によって様々です。特に、ストレスを発散する方法が無いという方は、まずはいろいろ試すところから始めてみるとよいでしょう。自分に合ったストレス発散方法を見つけてみましょう

 

●生活を改善すれば自律神経の症状は治まることが多い

 自律神経失調症は急性的に起こるものではありません。日々の生活の中で蓄積されたストレスにより発症します。そのため、発症に気づいた時には、体の各所に不調が出ていたりします。薬に頼ろうとする方がいますが、根本的な改善にはならず、かえって薬依存になってしまうため、自分でまずは努力することが大切です。

 

●当院での自律神経失調症への治療について

 当院では、生活習慣の改善のサポートを行いつつ、不調の原因にもなりやすい、姿勢の歪みに対して骨盤や背骨の周辺の筋肉を弛緩させ、緊張状態の緩和を図る治療を行っております。緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり、体の不調を招く原因になります。猫背の人などは特に注意する必要があります。逆に、緊張状態を緩和させることで体はリラックスした状態になり自律神経失調症の症状を軽減させることが出来ます。これまで多くの方の自律神経失調症を改善してこれたのは、当院での治療に加え、本人自身の生活習慣の改善意識があったからだと考えます。自律神経失調症のツラい症状でお困り方、ぜひ当院で治療を行ってみてください。それくらい自信があります。

 皆様の来院を心からお待ちしています。

 

眼精疲労は整体で治す!

2018.12.05 | Category: めまい,自律神経失調症

眼精疲労とは?

眼精疲労は簡単にいうと「目の疲れ」です。では目薬でも打ってれば治るのか?そうではありません。眼精疲労は一般的な目の疲れとは違います。眼精疲労は目の疲労が原因で、日常生活に支障が出たり、体の各所に悪影響を与えているものを指します。また、その原因が、精神的なストレスが関係しているものを眼精疲労と呼んでいます。目の疲れだからしっかり睡眠をとればいいと思われがちですが、眼精疲労の場合、十分な睡眠をとっても症状が軽くなりません。毎日目が疲れる、目に負担のかかる仕事をしているという方、日々の積み重ねによって眼精疲労に移行する可能性は十分あるということを知っておいてください。そうならないためにも日々のケアは大切です。

眼精疲労の症状

1:目の症状

以下のような症状が出やすくなります。

・目が充血する

・目がしょぼしょぼする。

・すぐに目が疲れる。

・目がズキズキ痛む

・目が乾く、涙が出る

・まぶたが重く感じる

・視界がぼやける

・目の焦点が合いづらい

・いつもより余計にまぶしく感じる

目の症状に加え、光に過敏になり、見え方が普段と違うような症状も多く見られます。痛みや見え方に変化が無い場合、目薬で対応してしまう人が多いのは、眼精疲労ではなくても似たような症状が一般的に出てしまうためです。判断が難しいですが、目薬で改善が見られない場合は疑う余地があります。

2:目以外の体に出現する症状

眼精疲労は目だけの症状でとどまりません。以下のような症状も併せて出現する事があります。

・肩こり

・頭痛

・めまい

・吐き気

・倦怠感

・首~肩~背中の痛み

・手足のしびれ

・胃もたれ・胃痛

・食欲不振

眼精疲労自体による精神的ストレスが関与している事が多く、無意識に首や肩などに緊張が入ったりすることでこのような症状が出現します。これらの症状が同時に出現すると、日常生活や仕事において支障をきたすことは十分考えられます。早めに対応するようにしましょう。

3:精神的ストレス

生活するうえで、視界からの情報はかかせません。少し、見えにくくなったり、目が疲れやすかったりすると精神的に負担がかかります。それにより

・不眠

・イライラ

・不安障害

・抑うつ状態

などの精神的なダメージを受けてしまいます。単純な目の疲れとは違い、眼精疲労はこのような様々な症状を引き起こしてしまいます。日々の仕事でどうしても目に負担がかかるという方も、可能な限りしっかりと治療に専念できる環境を作りましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労は急性的な疾患ではありません。慢性的に目に負担がかかることで発生します。

・元々視力が低く、近視や乱視がある

・長時間デスクワークをする環境に身を置いている

・睡眠不足

・食生活の乱れ

・眼鏡やコンタクトレンズの調整不足(1DAYのコンタクトレンズを使いまわししている)

・カラーコンタクトレンズをよく使う

・白内障や緑内障など目の病気を持っている

普段から、目に負担がかかることをしている方ほど発症しやすく、特に、現代ではスマホやタブレットを見ている時間が長くなり眼精疲労になる方が増えています。最終的には生活習慣の乱れも関与している事が多いのは、仕事で帰りが遅くなったりすることや、ネットサーフィンが当たり前になってしまった時代の背景も関係しています。なるべく目を休める時間を作ることが眼精疲労にならないために必要な事です。

当院での治療について

眼精疲労は目の病気ですが、体全体に不調のサインが現れます。まずは、体全体のストレス(各所の痛みや緊張)を緩和していきます。視神経は脳神経と密接な関わりがあるため、体をリラックスした状態にすることで不眠が改善され、結果的に目への負担を減らすことにも繋がります。目だけを治すのではなく頭や体全体を調整していく治療を当院では行っております。ぜひ眼精疲労でお困りの方はお越しくださいませ。

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭

グーグルマップご利用は地図をタップしてください