TEL Line

スポーツ障害やひざ痛、坐骨神経痛、自律神経の不調なら埼玉県川越市の村上接骨院へ

Blog記事一覧 > 2016 2月の記事一覧

ジャンパー膝の治療について~埼玉県川越市の村上接骨院

2016.02.26 | Category: ジャンパー膝

埼玉県川越市でオスグッドやシンスプリント・野球肘などのスポーツ障害と


腰痛、坐骨神経痛の治療をメインで行っている村上接骨院の村上です。

 

 

 

治療院デスクより・・・

 

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

 

今日は昨日に引き続き膝の痛みですが、ジャンパー膝についてです。

 

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎)は跳躍系のスポーツをする方に多い

 

膝のお皿の上や下の部分の痛みを言います。

 

10代の男子に後発する膝のお皿の下の部分の炎症や部分的は剥離骨折は

 

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病という訳のわからん名前がついています。

 

当院はスポーツ障害専門ですので、ジャンパー膝で来院される方はかなりいます。

 

ジャンパー膝の治療のポイントはいつくかあるのですが、

 

お皿(膝蓋骨)の動きが硬い・悪い方にジャンパー膝が多い傾向にあります。

 

この膝蓋骨、実はとても重要な役割があり、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力を

 

しっかりと伝えるという重要な役割があります。膝蓋骨がないと大腿四頭筋に力を入れても

 

膝にしっかり力が伝わりません。

 

ですので、この膝蓋骨の動きを良くしてあげるとスムーズに膝が動くようになって、その結果

 

膝蓋骨の下にある膝蓋靭帯に余計な負担がかかりにくくなります。

 

当院ではジャンパー膝で来院された方に膝蓋骨の運動のセルフケアを指導しています。

 

ジャンパー膝以外の膝の痛みにも有効ですのでやってみて下さいね。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ご質問はこちらまで

ym-murakami@nifty.com

 

村上接骨院

049-227-3533

公式サイト(スポーツ障害・腰痛・坐骨神経痛)

https://ym-murakami.com/

公式サイト(産後骨盤矯正・肩こりなど)

https://murakami-seitai.com/

有痛性外脛骨について

2016.02.09 | Category: 足部の痛み,足首の痛み

治療院デスクより・・・



いつも読んでいただき本当にありがとうございます。





埼玉県川越市でスポーツ障害と腰痛、坐骨神経痛の治療をメインで



行っている村上接骨院の村上です。



今日は有痛性外脛骨についてです。





中足部のスポーツ傷害の中で、良く見られるのが、


この有痛性外脛骨といわれる疾患です。



外脛骨とは、足の内側にある過剰骨(よけいな骨)もしくは、


種子骨の一つです。



健常な方の15%ぐらいの方にあるといわれていて、


症状がなければ何も問題ありません。



しかし、もし痛みが出てきた場合には、


治療が必要になってきます。



 



この有痛性外脛骨の治療で重要なポイントは2つ



①後脛骨筋の伸張性を作る



後脛骨筋という下腿の筋肉がこの外脛骨を起こす舟状骨にくっついて



引っ張るのが痛みの原因です。

 

 

そんなに引っ張らなくても・・・





②内側の縦アーチを保持すること



有痛性外脛骨は、ほとんどは手術をしないで治ります。



その為には適切な治療が必要になります。


有痛性外脛骨でお困りの方はご相談ください。

最後まで読んでくださりありがとうございます。



ご質問はこちらまで



ym-murakami@nifty.com







村上接骨院



049-227-3533



公式サイト(スポーツ障害・腰痛・坐骨神経痛)



https://ym-murakami.com/



公式サイト(産後骨盤矯正・肩こりなど)



https://murakami-seitai.com/

村上接骨院

所在地〒350-1137 埼玉県川越市砂新田(大字)88−3ジョイフル21
最寄駅東武東上線【新河岸駅】徒歩4分
電話番号049-227-3533
駐車場店舗前に4台あり(隣の店舗と共有)
予約完全予約制(自費治療のみ)
院長村上 由昭

グーグルマップご利用は地図をタップしてください